【イギリスが舞台の映画】【イングランド北部】ヨークシャー、湖水地方14作

イングランド北部が舞台の映画 ヨークシャー、湖水地方

イギリスが舞台の映画は、とてもたくさんあるので、「スコットランド」、「イングランド北部」、「ロンドン」、「ウェールズ」、「北アイルランド」…と分けて、記事にします。

こちらの記事も、どうぞ。

【イギリスが舞台の映画】「イングランド北部」【リヴァプール、マンチェスター】

「ロンドン」の街並みが見られる映画14作(複数のロケ地の中に「ロンドン」が入っている)

【ロンドン】が舞台の映画【2010年代】18作

目次

1)イングランド北部 ヨークシャーが舞台の映画

ヨーク

1-1「カレンダーガールズ」

ヨークシャーの田舎町が舞台の、実話を基にした映画

公開年(日本)2004年
原題Calender girls
上映時間108分
ジャンルドラマ
舞台の都市Knapely
(ヨークシャー)
あらすじ

ヨークシャーの田舎町 Knapelyに住むクリス(Helen Mirren)と親友のアニー(Julie Walters)は毎週木曜日は婦人会の集まりに参加している。

アニーの夫ジョンが白血病で亡くなってしまう。

クリスは毎年、婦人会で製作しているカレンダーの売上金でジョンが入院していた病院にソファを寄贈することを提案。去年のカレンダーの売り上げは75ポンド(約一万円)。寄贈したいソファの値段は999ポンド(約15万5千円)。いつもと同じカレンダーじゃ、とても買えない!

そこで、クリスはカレンダーの写真を婦人会メンバーのヌード写真にすることを提案する。

アニーは、「そのアイデアが、ジョンが最期に残した詩と似ている」と思い、気に入る。

ジョンの詩は「植物は盛りを過ぎて、後のステージの方が輝きを増す」という物。

kiki

イギリスの名女優が大集結している、元気が出る映画です。イングラランド北部の田舎町の景色も楽しめます。

「カレンダーガールズ」に出演しているイギリスの大女優たち

☆「ヘレン・ミレン」

☆「ジュリー・ウォルターズ」(出演映画 「ワイルド・ローズ」、「ハリー・ポッター」シリーズ、「リトルダンサー」他多数)

☆「セリア・イムリー」(出演映画「ノッティングヒルの洋菓子店」、「輝ける人生」他多数)

映画「ノッティングヒルの洋菓子店」「ロンドン」 ロケ地めぐり あらすじと感想も

☆「ペネルペ・ウィルトン」(出演ドラマ「アフターライフ」、「ショーン・オブ・ザ・デッド」)

おすすめのイギリスドラマ「After Life」(アフターライフ)ロケ地めぐり、あらすじと感想

1-2「シャンプー台のむこうに」

原題Blow Dry
公開年 (日本)2000年
上映時間95分
舞台となった地
(設定)
ヨークシャー
撮影地ヨークシャー

「ハリー・ポッター」シリーズのスナイプ役の故「アラン・リックマン」も出演しています。

あらすじ

ヨークシャーで父フィル(アラン・リックマン)と一緒に理容店を営んでいるブライアン(ジョシュ・ハートネット)。彼が住む、小さな町で全英ヘアドレッサー選手権が行われることになった。

かつて、この大会で2連覇したフィル。3連覇がかかった大会前日に、元妻が専属モデルと駆け落ちしてしまい、それ以来、大会には出ていない。

絶縁していた元妻が、フィル親子に「一緒に大会に出ないか?」と誘ってきた。それには、ある理由があった。

1-3「ゴッズ・オウン・カントリー」

ゴッズオウン
こんな感じの景色がよく出てくる映画でした。
原題God’s Own Country
公開年 (日本)2019年
上映時間105分
舞台となった地
(設定)
ヨークシャー
撮影地ヨークシャー
あらすじ

ジョニーはヨークーシャーで祖母と病気の父と暮らしている。若いながらも、一人で家業の農業を切り盛りしている。保守的な、小さな町で、家族に明かせないが、彼は同性愛者だ。ルーマニアから住み込みで働きに来たゲオルゲとの出会いによって、ジョニーの人生が変わる。

kiki

静かにストーリーが進みます。

ジョニーの父親役の俳優は「ハリー・ポッターと賢者の石」でターバンを巻いていた先生です。印象が全くちがうので、びっくりしました。

祖母役の女優のヨークシャー訛りがキツくて何を言ってるか結構、聞き取れません。💦

主人公ジョニーを演じた「ジョシュ・オコナー」主演の映画「帰らない日曜日」が2022年5月27日に公開されます。

「ゴッズ・オウン・カントリー」は「U-NEXT」で見られます。

1-4「くたばれ!ユナイテッド サッカー万歳」

原題THE DAMNED UNITED
公開年 (日本)2009年
上映時間98分
舞台となった地
(設定)
リーズ
あらすじ

「リーズユナイテッド」の「ドン・レヴィー」監督がイングランド代表監督に任命され、「リーズユナイテッド」の監督には「ブライアン・クラフ」が任命される。

クラフは「ダービーカウンシル」の監督を務めていて、相棒のピーターと共に「ダービーカウンシル」を2部優勝に導いた功績がある。

過去の、ある経験からクラフはレヴィーを恨んでいた。「リーズユナイテッド」の監督として指導を始めたクラフだったが、選手や会長には嫌われていて…。

2)イングランド北部 炭鉱閉鎖 関連の映画

2-1 「ブラス」

「グライムソープ・コリアリー・バンド」の実話を描いた映画。若かりし「ユアン・マクレガー」が見られます。

原題BRASSED OFF
公開年 (日本)1997年
上映時間107分
舞台となった地
(設定)
グレムリー
(架空の町)
ジャンル・ドラマ
・音楽


あらすじ

イングランド北部 グレムリーは炭鉱閉鎖に揺れていた。炭鉱夫の余暇活動として結成されたブラスバンド部は優秀で、ロンドンの「ロイヤルアルバートホール」で行われる全英大会出場が決まる。


 

2-2「フルモンティ」

原題The Full Monty
公開年 (日本)1997年
上映時間93分
舞台となった地
(設定)
シェフィールド
ロケ地シェフィールド
あらすじ

失業者があふれるシェフィールド。町を巡業で訪れた「男だけのストリップ」の繁盛ぶりを見た、失業中のガズは「金を稼ぐなら、これだ!」と思う。養育費支払いのため、出演者を募り、オーディションをし、ストリップショーを開くことに…。

2-3「リトルダンサー」

原題Billy Elliot
公開年 (日本)2001年
上映時間111分
舞台となった地(設定)ダラム(イングランド北部)
撮影地ダラム(イングランド北部)

イングランド北部 ダラムの炭鉱町に住むビリー・エリオットが主人公。

あらすじ

ビリーは祖母、父、兄と一緒にイングランド北部の炭鉱町で暮らしている。父と兄は共に炭鉱夫。祖母は軽度の認知症を患っていた。ビリーは父にボクシングを習わせられているが、全く、好きでは、なく、嫌々、通っている。「ボクシング教室」の隣で開かれている「バレエ教室」に興味を持ったビリーは、教室に参加させてもらう。自宅でも自主練習をするなど、次第にバレエの虜になっていく。

しかし、ビリーが「ボクシング」では、なく、「バレエ」を習っていると知った父は激怒する。バレエ講師のウィルキンソン夫人はビリーの「バレエの才能は確かなものだし、ビリーの、バレエが好きだという気持ちを無駄にしたくない」と思い、「ロイヤルバレエ学校」への入学を勧めるが…。

日本では、「リトル・ダンサー」のタイトルで知られる、この映画の原題は主人公の名前の「Billy Eliot」です。

主人公を演じた「ジェイミー・ベル」は今でも俳優として活躍しています。

バレエ講師を演じた「ジュリー・ウォルターズ」とは、2017年公開の「リヴァプール、最後の恋」で親子役で共演しています。

「’ビリー’のバレエが好きだという純粋な気持ち」、「家族愛」に心、打たれます。

「リトル・ダンサー」は「U-NEXT」で見られます。

3)イングランド北部 湖水地方が舞台の映画

3-1「ミスポター」

原題Miss Poter
公開年 (日本)2007年
上映時間93分
舞台となった地(設定)・湖水地方
・ロンドン

あらすじ

1902年、ヴィクトリア王朝時代。封建的で身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ポター(レニー・ゼルウィガー)は“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を次々と出版する。やがて編集者のノーマン(ユアン・マクレガー)と恋に落ちるが、身分違いの恋には思わぬ運命が待っていた。

yahoo映画より

3-2「ピーターラビット」

公開年(日本)2018年
原題Peter Rabit
上映時間95分
ジャンル・動物
あらすじ

イギリスの湖水地方で暮らすピーターラビットたちは父を殺したマクレガーさんが急死し、喜んでいた。彼の家を相続したマクレガーさんの甥のトーマスが引っ越してくる。

トーマス(ドーナル・グリーソン)を追い出そうと、さまざまなイタズラを仕掛けるピーター達。隣家に住むビー(ローズ・バーン)は、自然と動物を愛し、感情豊かな女性。二人の距離は急速に縮まっていく。トーマスに「ビー」を取られてようで、悲しくなったピーターは…。

kiki

原作ファンからは賛否両論があったようですが、コメディーの要素もあり、元気が出る映画です。

湖水地方のシーンは、ほとんどオーストラリアで撮影されました。

「ピーターラビット」は「U-NEXT」で見られます。

kiki

3-3「ピーターラビット2 バーナバスの逆襲」

公開年(日本)2021年
原題Peter rabit2
The run away
上映時間93分
ジャンル動物、コメディ

コロナウイルスの影響で、何度も公開が延期された「ピーターラビット2」。

あらすじ
イギリスの湖水地方で暮らしているピーターラビットたち。3年前に引っ越してきたトーマスとは畑とビーをめぐって大激闘を繰り広げたが、和解した。とうとう、トーマスとビーが結婚することに…。何か一つ、手が多いピーターはトーマスに叱られてばかり。

そんなある日、「ビーの絵本を出版したい」という申し出が出版社からあり、グロチェスターに向かったピーターたちだったが…。

「湖水地方」のシーンは、大方、オーストラリアで撮影されました。

自作の絵本、映画化の会議をしていた場所は、ロンドンで撮影されました。リッチモンドの橋が映っていました。

トーマスの、ガス欠になったトラックを押していた坂もリッチモンドです。後ろに、赤いダブルデッカーバスが映っていました。

「ピーターラビット2 バーナバスの誘惑」は「U-NEXT」で見られます。

3-4「スーパーノヴァ」

コリン・ファースとスタンリー・トゥッチがカップル役を演じています。

公開年(日本)2021年
原題Supernova
上映時間95分
ジャンルドラマ
あらすじ
20年来の付き合いのサム(コリン・ファース)とタスカー(スタンリー・トゥッチ)のカップル。2年前にタスカーが認知症の診断を受け、病は進行している。湖水地方に旅行に出かけた二人。悩んだ末に出した今後の展望は互いに違っていて…。

4)イングランド北部 ニューカッスルが舞台の映画

ニューカッスル風景
ニューカッスルの風景。2022年1月のBS「世界ふれあい街歩き」で「ニューカッスル」の回が放送されました。

4-1「わたしは、ダニエル・ブレイク」

原題I,Daniel Blake
公開年 (日本)2017年
上映時間100分
舞台となった地(設定)ニューカッスル
撮影地ニューカッスル
あらすじ

ニューッカスルに住むベテラン大工 ダニエルは心臓が悪く、働くことを医師に止められる。国から援助を受けようとするが、制度や申し込み方法が複雑で、「受けさせない」ようにしているかのようだった。自分と同じように経済的に困窮しているシングルマザー ケイティと、ケイティの二人の子供と出会い、助け合いながら、交流していたダニエルだったが…。

弱者を利用しようとする人が現れ、「やっぱりか…」と思いました。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」については、こちらの記事に詳しく書いています。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」考察。貧困、福祉制度の問題。

「わたしはダニエル・ブレイク」は「U-NEXT」で見られます。

kiki

↓この本でも「わたしは、ダニエル・ブレイク」について触れられています。

子どもたちの階級闘争 ブロークン・ブリテンの無料託児所から [ ブレイディみかこ ]

価格:2,640円
(2021/12/16 08:13時点)
感想(1件)

4-2「家族を想うとき」

原題Sorry,we missed you
公開年 (日本)2019年
上映時間100分
舞台となった地(設定)ニューカッスル
撮影地ニューカッスル
宅配 バン
あらすじ

ニューカッスルに住むリッキーはマイホーム購入のために、フランチャイズの宅配ドライバーになる。宅配で使うバンをローンで購入するために妻アビーの車を売却した。アビーは、介護士として働いており、顧客の家から次の顧客の家へと、バスで移動しなければいけなくなった。

二人の息子のセブは、ほとんど学校に行かず、落書きなど問題行動を起こし、二人を悩ませる。

家族の幸せを願って働いているのに、暮らしは良くならず、状況は悪くなる一方だった。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」と同じ「ケン・ローチ」監督の作品です。「家族を想うとき」の方が、救いがない話だと思います。

「家族を想うとき」は「U-NEXT」で見られます。

4-3「ゴヤの名画と優しい泥棒」

原題The Duke
公開年 (日本)2022年2月25日
上映時間95分
舞台となった地(設定)ニューカッスル
撮影地ニューカッスル
あらすじ
1961年、イギリス・ロンドンの美術館「ナショナル・ギャラリー」からゴヤの絵画「ウェリントン公爵」が盗まれた。

犯人はニューカッスル在住の60歳のタクシー運転手ケンプトン・バントン(ジム・ブロードベント)

ケンプトンは、この絵画を人質に、身代金を要求する。身代金の使い道はBBCの視聴料の無料化、老人支援のチャリティー基金だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。