「羽田空港」前泊 おすすめ 安いホテル 

「羽田空港」の早朝便を利用する際、前泊が必要になることもありますよね。

現在、外国人観光客が多いので、東京のホテルの宿泊費は高騰しています。

この記事は、下記の方に向いています。

・羽田空港から飛行機に乗る際、前泊が必要だが、あまりお金をかけたくない

目次

1)羽田空港 前乗り 前日宿泊、どの辺がおすすめ?

1-1 大井町駅

大井町駅はJR京浜東北線、りんかい線が通っています。

大井町からは、ほぼ一時間に一本の頻度で羽田空港行きのバスが出ています。

駅前は小ぎれいで、お年寄りや家族連れがいて、庶民的な雰囲気もある町です。

大井町駅前には、イトーヨーカドーがあり、食事や、ちょっとした物を購入可能です。

100円ショップも駅前にあります。

もし、海外に行く前に、「あっ!あれ買ってなかった!」というものがあってもイトーヨーカドーや100円ショップで購入できます。

「おふろの王様」というスーパー銭湯も駅前にあります。

・大井町駅 宿泊施設 

大井町駅の近くで、格安で宿泊できて、サウナ、大浴場付きの宿泊施設があります。

「Smart stay品川大井町」です。

寝る場所は「カプセル」ですが、男女で階が分かれていて、キレイだし、快適です。

楽天トラベル

1-2 蒲田駅

蒲田は、JRと京浜急行が通っています。

JR蒲田駅と京浜急行の蒲田駅は、少し離れています。

蒲田は大井町より少し雑多な印象がある町です。飲み屋や水商売のお店もあります。

蒲田駅がおすすめな理由は、京浜急行で、羽田空港まで近いからです。

京急の品川駅から出る電車は、横浜方面に行くものと、羽田空港に行くものがあります。

横浜方面の電車に乗ってしまうと、蒲田駅で空港行の電車に乗り換えないといけません。

はじめから、空港行きの電車に乗ればいいだけ

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

慣れていない人だと、横浜行きの電車に乗ってしまったり…ということがあると思います。

蒲田駅周辺には、ホテルがたくさんあります。結構、リーズナブルです。

2)実際に泊まってみた 羽田空港 近くの宿泊施設(ホステル)

2ー1 羽田空港 近くのホステル 「368 hostel & lounge」

「328 hostel & lounge」の最寄り駅は羽田空港 第三ターミナル(国際線ターミナル)まで二駅の「穴守稲荷」駅です。

このホステルの利用者の90%は、「羽田空港 前泊」する人、夜遅く、羽田空港に着いた人だそうです。

ホステルに行く途中で、「まいばすけっと」というスーパーとコンビニの中間のようなお店があるので、そこで食べるものを買えます。

「まいばすけっと」以外にも、「リコス」というお店が、ホステルから徒歩5分の場所にあります。

長期滞在する人は少ないし、掃除も行き届いているので、キッチン、水回り、ベッド 全てがキレイでした。

Booking.com 【 368 hostel & lounge 】のページ

2-2 Plat hostel Keikyu Haneda

「Plat hostel Haneda」は、京急グループ(品川から羽田空港までの鉄道路線などを運行する京浜急行のグループ)が運営しているホステルです。

このホステルの最寄り駅も羽田空港 第三ターミナル(国際線ターミナル)まで二駅の「穴守稲荷」駅です。

建物が新しくて、室内が明るかったです。

ベッドの梯子に、穴が開いていて、上り下りしやすかったです。
Booking.com 【 Plat hostel keikyu haneda 】のページ

3)羽田空港 直結 安いホテル

3-1 羽田空港 直結のホテル ファーストキャビン

羽田空港の中にある、安く泊まれるホテルが「ファーストキャビン」です。

部屋は一般的なホテルの部屋と「カプセルホテル」の部屋が合わさった感じだと思います。

羽田空港 近くで、一泊 一万円以下で泊まれるホテルは、とても珍しいです。

Booking.com 【 ファーストキャビン 】のページ

デイユース プランもあるので、出発前に、休憩することもできます。

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
海外どころか、東京も遠い北東北の農家育ち。ロンドン出身のALTの先生が個人的に、お土産をくれたけど、ロンドンは「もう一つの世界にあるような所」(行けない所)だと思ってました。ド田舎の高校生でしたが、幸運にも、出身県で世界から人が来るイベントが開催されることになり、通訳ボランティアに応募。簡単な英語だけど通訳できました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ生活一年目はイギリスに10回渡航。その後、長期でイギリスに何度も滞在。イギリス滞在期間は通算、二年くらいです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。音楽、映画、ストリートファッションが好きです。