美容などの記事は、他のブログに移動しました。ここをクリックすると移動します。

「イギリス」ホテル 朝食 

イギリスのホテルで、どんな朝食を食べられるのか?

ご紹介します。

目次

1)イギリス ホテル 基本的な朝食

1-1 イングリッシュブレックファストを構成しているもの 

日本の人が思い浮かべるかもしれない、イギリスの朝食。「イングリッシュブレックファスト」

イギリス人は、「イングリッシュブレックファスト」は、たまにしか食べません。

忙しい朝は、シリアルやトースト、ポリッジなどで、さっと済ませている人が多いです。

イングリッシュブレックファストは「グリーシースプーン」(日本でいう大衆食堂)や、おしゃれなカフェなどでも食べられます。

↓「イングリッシュブレックファスト」が有名な、大人気「グリーシースプーン」「Regency cafe」についての記事。

こちらの記事もどうぞ。

旅先のホテルで「イングリッシュブレックファスト」を食べるのを楽しみにしている人もいます。

「ホリデイイン」の朝食ビュッフェ
格安ホテル「トラベロッジ」の朝食ビュッフェ

いわゆる「イングリッシュブレックファスト」の具材たち。

  • ベーコン
  • ソーセージ(日本のパリパリソーセージとは違う)
  • 目玉焼き
  • ベイクドビーンズ
  • 薄切りトースト(ブラウンかホワイト)
  • トマト
  • マッシュルーム
  • ハッシュドポテト

ビュッフェ式のホテルでは、ベイクドビーンズだけ取っている子どもが結構いました。ベイクドビーンズ好きなんですね。

格安ホテルtravelodgeで食べた朝食

1-2 他、イギリスの定番朝食 シリアル

  • weetabix
  • Fruits&Fibre(イギリス式つづり)
  • コーンフレーク

など

「weetabix」は小麦ふすまから出来ている、食物繊維のかたまりみたいな物です。便秘に効きます。

「Fruits&Fibre」は、ザクザクのフレークにバナナチップ、レーズン、ココナッツなどが入っているシリアルです。スーパーには、必ずあるような品です。

日本のブランフレークとは違う味なので、一度食べてみては?

1-3 飲み物

  • 紅茶
  • コーヒー
  • オレンジジュース等

当たり前ですが、ホテルのグレードが上がるにつれ、置いてある紅茶のグレードも上がります。

例:格安チェーンホテル Travelodge→ タイフーティー

  チェーンホテル ホリデイイン→ クリッパー

1-4 果物、ヨーグルト

  • yeoのヨーグルト
  • りんご
  • バナナ

「Yeo」のヨーグルトは、イギリスのスーパーに必ず置いてあるような、定番ヨーグルトです。

シンプルな味で、おいしいです。

「ブリティッシュエアウェイズ」の機内食にもなっています。

ブリティッシュエアウェイズ 食事
クロワッサンの隣にあるのが「Yeo」のヨーグルトです。

1-5 veganの人のために 豆乳、オーツミルク

veganの人のために豆乳、オーツミルクを置いてあるのが普通です。

↓海外旅行の予約は「Booking.com」が、おすすめです!

Booking.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
高校生の頃、ロンドン出身の先生がお土産をくれたけど、ロンドンは「別の世界」→もう一つの世界にあるような所だと思ってました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスの映画、ドラマ鑑賞」、「ワクワクする音楽を見つける」。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。