「Will Joseph Cook」イギリス 期待のシンガーソングライター

イギリス出身の注目のシンガーソングライター「Will Joseph Cook」(ウィル・ジョセフ・クック)

ポップな曲が多くて、元気が出ます。

自分のレーベル「Bad Hotel」を立ち上げた、しっかり者の24歳です。

目次

1)「Will Joseph Cook」 どんな人

  • イングランド Tunbridge Wells出身、育ち。
  • まだ24歳のイギリス期待のシンガーソングライター
  • 14歳から曲作りを始めた
  • 17歳でレコード会社と契約して、ファーストアルバムをリリース。

「Tunbridw Wells」って、どこ?と思ってたら、ロンドンから結構近かったです。

17歳でファーストアルバムをリリースしてから数年の後、Will Joseph Cookは音楽活動を休んで、旅に出ました。

セカンドアルバムに入れる曲を作る前に、少しリセットするための時間が必要だったんですね。

2)「Will Joseph Cook」ディスコグラフィー

アルバム名発売日
Sweet Dreamer2017年04月14日
Something to Feel
Good About
2021年02月26日
Every Single Thing2022年05月20日

ファーストアルバムは、たくさんの賞賛を得ました。

セカンドアルバム、サードアルバムは自社レーベル「Bad hotel」からリリースされ、高評価を得ています。

このアルバムの作曲とレコーディングはロサンゼルスで行われました。

今年(2022年)5月に発売された「Every Single Thing」はイギリスの「Spotify」のランキングにもランクインしています。

3)「Will Joseph Cook」おすすめの曲

3-1 「Be around me」

とてもポップで、テンポがいい曲です。

リリース後、「Youtube」で100万回視聴されました。

「Tiktok」でも多く視聴されました。

この曲のMVの冒頭で出てくる、変わった形のマンションは「バルフロンタワー」です。

このマンションはロンドンにいくつかある「ブルータリズム」建築の中でも有名な一つです。

3-2「BOP」

サードアルバムに収録されている曲です。

聴くだけで、ワクワクする曲なので、騙されたと思って、聴いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
山奥の米農家長女。英語が好きで、高校生の時は英語部でした。ロンドン出身の先生がお土産をくれたけど、ロンドンは「別の世界」だと思ってました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。ワクワクする音楽を見つけるのも好きです。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「とにかく、何でもやってみて、納得するタイプ」です。