【行ってみた】吉祥寺 マーガレットハウエル カフェ

イギリスのアパレルブランド「マーガレットハウエル」のカフェに行ってみました。

このカフェでは、「スコーン」やイギリスの伝統的なケーキ「ヴィクトリアスポンジケーキ」も食べられますよ。

目次

1)吉祥寺「マーガレットハウエル」カフェ アクセス

「マーガレットハウエル」のカフェは、吉祥寺の中道通り沿いにあります。

この中道通りは、個性的なお店や、素敵なカフェがたくさんある魅力的な通りです。

中道通りのカフェ
吉祥寺 カレー
マーガレットハウエル カフェの向かいのカレー屋さん

歩いてるだけで楽しいです。

「マーガレットハウエル」のカフェは吉祥寺駅から徒歩9分です。

マーガレットハウエル カフェ 営業時間

・月~日 11:00~21:00

不定休

2)「マーガレットハウエル」カフェ 食べたもの スコーン

私はオートミールスコーンを食べました。

マーガレットハウエル 吉祥寺

バターの香りがしっかりしていて、食感は、しっとり、ボソボソ(いい意味です)していました。

(オートミールのスコーンなので、プレーンのスコーンとは違う食感です。)

月変わりのメニューがあるので、毎月、行っても新鮮に感じるかもしれません。

今月のメニューは「ヴィクトリアスポンジケーキ」でした。

客層は、落ち着いていて、上品なマダムたち、おしゃれな老紳士などがランチしていました。

ランチのセットもあります。

3)「マーガレットハウエル カフェ吉祥寺」が気になった方に、おすすめの雑誌と本

3-1 Hanako 吉祥寺特集号 

「マーガレットハウエル」カフェは、この「Hanako」の吉祥寺特集号にも載っていました。

3-2 Hanako City guide クセになる吉祥寺

この号には「マーガレットハウエル」は載っていませんが、吉祥寺散策のお供にどうぞ。

3-3「aruco 東京で楽しむ英国」

↓東京でイギリスを感じられる場所が知りたい場合、こちらの本がおすすめです。


aruco 東京で楽しむ英国 (地球の歩き方aruco)

↓こちらの記事もどうぞ。

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
海外どころか、東京も遠い北東北の農家育ち。ロンドン出身のALTの先生が個人的に、お土産をくれたけど、ロンドンは「もう一つの世界にあるような所」(行けない所)だと思ってました。ド田舎の高校生でしたが、幸運にも、出身県で世界から人が来るイベントが開催されることになり、通訳ボランティアに応募。簡単な英語だけど通訳できました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ生活一年目はイギリスに10回渡航。その後、長期でイギリスに何度も滞在。イギリス滞在期間は通算、二年くらいです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。音楽、映画、ストリートファッションが好きです。