2022年公開 イギリス映画「帰らない日曜日」ロケ地 あらすじ、ネタバレ、考察

目次

1)帰らない日曜日 概要

原題Mothering Sunday
上映時間104分
上映年2022年(日本)

原作は同名の小説です。

↓映画化の影響で、在庫が少なくなっているそうです。

Mothering Sunday A Romance【電子書籍】[ Graham Swift ]

価格:1,012円
(2022/5/27 01:55時点)
感想(0件)

2)帰らない日曜日 あらすじ

1924年、暖かな春の日、ニヴン家のメイド ジェーン(オデッサ・ヤング)は、主人たち ゴドフリー(コリン・ファース)、クラリー(オリヴィア・コールマン)が外出したので、秘密の恋人 ポール(ジョシュ・オコナー)と過ごす時間を得た。

ニブン家の二人が向かったのは、家族ぐるみの付き合いをしているシェリンガム家、ホブディ家とのランチ会。シェリンガム家の跡取り ポールとホブディ家のエマの結婚の前祝いのようなものだった。

ポールの二人の兄は、第一次世界大戦で戦死した。

エマはニブン家の息子ジェームスの恋人だったが、ジェームスは第一次世界大戦で戦死してしまった。

三家族の、残された希望 ポールとエマ。二人の結婚は親たちに勝手に決められた。

当然、このランチ会には、ポールも出席しなければならないのだが、「弁護士になるための勉強をする」ことを言い訳に遅刻を決め込み、ジェーンを屋敷に呼んだ。

この日は「母の日」で、メイドは年に一度だけ、家に帰ることを許されているのだが、孤児のジェーンには帰る場所は無かった。

ジェーンは予定どおり、シェリンガム家の屋敷に行き、ポールと束の間の二人の時間を楽しんだ。その日、ジェーンの人生を変える出来事が起こることは誰も予想できなかった。

※4)ネタバレ に続きます。ネタバレを読みたくない方は、ご注意ください。

3)帰らない日曜日 ロケ地

「帰らない日曜日」の主なロケ地はヘンリー・オン・テムズ Henley-on-Thamesです。

ロンドンから電車で約50分、西に約37キロの場所です。

3-1 架空の町 Titherton

映画に登場する架空の町「Titherton」のシーンはヘンリーオンテムズ近郊の村「Hambleden」で撮影されました。

3-2 ジェーンとミリー(ニブン家のメイド仲間)が眺めていた教会

3-3 ジェーンとポールが初めて会った食材屋

4)「帰らない日曜日」ネタバレ

ポールはランチ会が行われている、川のほとりに向かう前に、ジェーンに

「4時まで誰も帰ってこないから、ゆっくりしていっていいよ。下にパイがあるから食べたかったら食べていいよ。エセル(メイド)には、僕が食べたって言っておくから。あっ。説明する必要は、ないか。何の説明も。」

「さようなら。ジェーン。」

と言い残した。

ニブン家に着いたジェーンは、車に乗ったまま、うなだれたゴドフリーを見つける。

ジェーンがどうしたのか聞くと、ゴドフリーは

「最悪の事態になってしまった。人が死んだんだ。自動車の事故で。」

と答えた。

死んだのはポールだった。

「自殺かもしれない」という疑念があったので、ポールの部屋に遺書が無いか確かめるため、シェリンガム家に着いてきてほしいと頼まれたジェーン。

シェリンガム家に着くと、メイドのエセルが二人を出迎える。ポールが亡くなったことを知らなったエセルは、既にポールの寝室を片づけたという。

手紙や、それらしき物は無かったと確認した二人はニブン家に帰る。

この出来事の後、ジェーンはニブン家を去り、書店で働き始めた。その後、古いタイプライターをもらい、タイプライターを使い、小説を執筆する。

作家として生計を立てられるようになったジェーンは、書店で出会ったドナルドと結婚した。幸せな時間が続くかと思いきや、ドナルドは脳に腫瘍が見つかり、亡くなってしまう。

時は流れ、1980年代、小説の賞を受賞したジェーンの家に、取材陣が押しかける。

ジェーンは、ありとあらゆる小説の賞を受賞した。

5)「帰らない日曜日」考察

・ポールの死は事故か?自殺か?

ポールの最後の言葉が少し意味ありげな感じがします。

「4時まで誰も帰ってこないから、ゆっくりしていっていいよ。下にパイがあるから食べたかったら食べていいよ。エセルには、僕が食べたって言っておくから。あっ。説明する必要は、ないか。何の説明も。」

説明する必要がないということを二回、繰り返しているところが、なんとなく怪しいです…。

もう帰ってこないからケーキのことを説明する必要がない?

この後、死ぬけど、「どうして?」ということも説明なしに、皆、分かるだろう?

僕がなぜ、死を選んだか。

ポールは、愛してないエマと結婚することも嫌だったけど、エマの、亡くなった恋人ジェイムスのことも考えた上で、嫌だったんじゃないかと思います。

ポールが子供の頃、3家族でピクニックをよくしたそうです。

ポールは他の家族もピクニックに来たのは偶然だと思っていたけど、親たちがアレンジしていたんだそうです。

「そこで、みんなで遊んでいるのが、楽しくて、ただずっと遊んでいたかった」とポールは言っています。

こんな風に一人だけ生き残って、無理やり、エマと結婚させられたくは、なかったんですね。

エマも、ポールとの結婚は嫌で、不機嫌または隠れて泣いている描写が多いです。

エマに、気さくに話しかけてきたウエイターの青年(彼は英語のアクセントが明らかに違う。ワーキングクラス、どこか地方の出身と表されている)がエマをさらってくれた方がよかったのに。

・ポールの死がジェーンに、どう影響を与えた?

ジェーンは、ポールの死後、小説を書き始め、ニブン家を出て、書店で働き始めます。

ポールの死がジェーンの作家としての道につながっています。

・ポールはジェーンを愛していたか?

ジェーンがポールに「私は、あなたが好き」と言ったら、ポールは「君は心の友だ」と言います。

ポールはジェーンを愛しては、いなかったでしょう。

2022年6月公開の映画「彼女たちの革命前夜」の記事も、合わせて、お読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
山奥の米農家長女。英語が好きで、高校生の時は英語部でした。ロンドン出身の先生がお土産をくれたけど、ロンドンは「別の世界」だと思ってました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。ワクワクする音楽を見つけるのも好きです。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「とにかく、何でもやってみて、納得するタイプ」です。