【行ってみた】吉祥寺「メルローズ&モーガン」イギリス スコーン

北ロンドン「ハムステッド」と「プリムローズヒル」に店舗がある、食材、デリのお店「メルローズ&モーガン」が去年、吉祥寺にオープンしました。

(私は、ハムステッド店もプリムローズヒル店も行ったことがあります。)

メルローズアンドモルガン プリムローズヒル
メルローズ&モーガン プリムローズヒル店にて

プリムローズヒルについては、こちらの記事をどうぞ。

メルローズアンドモルガン ハムステッド
「メルローズ&モーガン」ハムステッド店にて

「メルローズ&モーガン」は、かわいいトートバッグも有名ですね。

「メルローズ&モーガン」吉祥寺店に行ってみました。

目次

1)「メルローズ&モーガン」アクセス

メルローズ&モルガン 吉祥寺

1-1 吉祥寺駅から歩く場合

吉祥寺駅から徒歩15分です。

「メルローズ&モルガン」を目指して歩いていると、商業的なエリアから外れたので、「もしかして通り越した?」と思いました。

そう思っていたら、いきなりお店が現れたので、びっくりしました。

レンガのお店が目印です。

メルローズ&モルガン 吉祥寺

1-2 吉祥寺駅からバスで行く場合

吉祥寺駅前から 関東バス「西武柳沢駅」行きのバスに乗り、「北町1丁目」のバス停で降りたら、まっすぐ1分歩くと、「メルローズ&モルガン」に着きます。

メルローズ&モルガン 吉祥寺店

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-10-9

営業時間 午前11:00から午後6:00

定休日 火曜日

2)「メルローズ&モーガン」店内飲食できる?

メルローズ&モルガンは、こじんまりとしたお店です。

レジとショーケースの後ろで、3、4名のスタッフさん達がスコーンなどを作っていました。

店内飲食するコーナーは、ありません。

イギリスの紅茶やハーブティーも販売していました。取り扱いがあるのは、「English tea company」のものでした。

大人気のトートバッグも販売されています。

3)「メルローズ&モーガン」で購入したもの

3-1 「ヴィクトリアケーキ」

「ヴィクトリアケーキ」は本来、大きなホールで作って、切り分けられています。

このメルローズ&モルガンでは、一人で食べやすいようにミニサイズの丸形になっています。

ピンク色の粉砂糖がかけられています。

この「ヴィクトリアケーキ」は「Hanako」の吉祥寺特集の表紙になっていました。

・「ヴィクトリアケーキ」とは?

「ヴィクトリアケーキ」はイギリスでは「ヴィクトリアスポンジ」や「ヴィクトリアスポンジケーキ」と呼ばれることが多いです。

「ヴィクトリアケーキ」を自分で作ったことがあります。大量のバターと砂糖を使ったので、「こんなに入れていいのか?」と思いました。

スポンジとスポンジの間にラズベリージャムを挟みます。バタークリームが挟まれていることもあります。

・「メルローズ&モーガン」の「ヴィクトリアケーキ」の味は?

ヴィクトリアケーキのスポンジは日本の、ふわふわしたスポンジとは違う食感です。

イギリスのケーキのスポンジを食べたことがない人は、初めて食べたら、びっくりするかもしれません。

3-2 「紅茶スコーン」

「メルローズ&モーガン」では、たくさんの種類のスコーンが販売されていました。

  • スコーン(通常の)
  • 紅茶スコーン
  • チーズスコーン
  • フルーツスコーン etc

イギリスのスコーンみたいな形では、ありませんでした。

プレーンのスコーンも、横長の形でした。

私は紅茶のスコーンを食べました。

おすすめ度は★★☆☆☆です。

(他のお店で食べたスコーンの方がおいしかったです。すみません。)

私は、今まで、「イギリス」をうたった、カフェまたはティールームのスコーンをたくさん食べてきました。どこのお店のスコーンもおいしかったです。

↓今まで食べたスコーンについての記事は、こちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
山奥の米農家長女。英語が好きで、高校生の時は英語部でした。ロンドン出身の先生がお土産をくれたけど、ロンドンは「別の世界」だと思ってました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「とにかく、何でもやってみて、納得するタイプ」です。