「田舎生まれ」は、かわいそうなのか?田舎に住む メリット、デメリット

田舎生まれ かわいそう

私は秋田県の、山奥の、農村に生まれました。

高校を卒業してから上京して、「田舎」と「都会」の、経済的、文化的な差に愕然としました。

「田舎生まれは、かわいそう」なのでしょうか?

秋田県は少子高齢化率、不動の一位の県です。「キングオブ田舎」の県なので、同じ「田舎」といっても、他県は、この記事に書いたレベルよりマシだと思います。

1)「田舎生まれ」デメリット

1ー1「田舎」は収入が低い家庭が多い=進学が難しい

「田舎」は大学進学率が都会より低いです。私の出身地「秋田県」は全国学力テストは、毎回上位なのに大学進学率は、いつもワースト5に入っています。

両親の収入が低く、両親が高卒なこともあるので、初めから「進学」が選択肢に入っていない人もいます。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ

1-2「田舎」コンサート、演劇鑑賞、映画鑑賞に一苦労 文化への距離が遠くなる

宮城県や新潟県だと、アーティストが来県して、ライブするのも頻繁だと思います。私の出身地「秋田」だと、人気アーティストがライブをするのは「全国ツアー」(各県を周る)の時くらいです…。

仙台まで行けばいんですけど、「仕事帰りにライブに行く」などのように、気軽には行けません。

ポップミュージックだけでは、なく、クラシックなどにも直接、触れる機会は、都会より少なくなります。

また、映画館も少なく、見たい映画が上映されないこともあります。

映画館が極端に少ないのは秋田だからかもしれません…。隣県の岩手県に行ったら、映画館は、ちゃんと存続していました。

1-3「地元の人」しかいない町。世界が狭くなる

私の地元は、本当に地元の人しか住んでいません。

新しい価値観、生き方に出会うことが難しいので、視野が狭くなりがちです。

秋田県で自ら命を絶つ人が多い理由の一つは、これだと思います。

1-4 度を越した噂好き、詮索好きな人がいて、憂鬱

「詮索好き」、「噂好き」な人が多いです。

そこまで年齢がいっていない人でも、「詮索」好きな人は、います。

帰省した時に、高校の同級生に会ったら、「〇組の△△は離婚した」、「◇の□□は未婚で子供を産んで、☆※☆△▲」など、延々と、そういう話をされて、頭が痛くなりました…。

私からすると、話したこともない同級生(私が高校生の頃は、まだ生徒が多かった)のことは、覚えていなくて、その人たちが離婚していようと、どうでもいいです。

活躍している等の明るい話なら聞きたいです。

詮索好きな人は、自分が「詮索好き」だと自覚していません。

都会にも詮索好きな人は、いるでしょう。

都会にも詮索好きな人がいますが、田舎って、誰かは誰かの知り合いで、知り合いの話をする人が多いです。

たとえば、美容院に行けば、「〇〇に住んでいるんですか?高校の同級生で、〇〇出身の人がいました」といった具合です。

共通の知人がいることで、「つながり」を持とうとしているのかもしれません。

都会みたいに新しいお店もそんなにできないので、話題がないので、必然的に人の話になっていると思います。

1-5 小さなコミュニティ、監視しあう社会が苦しい

お互いがお互いを知っていて、誰かは誰かの知り合いの社会は利点もあります。農業をしていて、足りないものがあったら、分け合ったり、アドバイスをもらったり…。

しかし、「人にどう思われるか?」を常に意識し、「コミュニティから外れないように必死にならなければいけない」という、苦しい特徴があります。

☟こちらの記事もどうぞ。

「世間を気にする日本人」なぜ? 鴻上尚史「孤独と不安のレッスン」感想

 

秋田は、マジで人が歩いていない、監視社会

私の地元は、歩いてる人が全然いないし、監視社会なので、歩いてるだけで

「どごなえのもんだ?何しったもんだべ?」

(意味:どこの家の人かな?何をしてるんだろう?)と、通り過ぎる車から見られ、噂されます。

本当に地元の人しかいない社会です。

「人が歩いていない」ことは秋田県知事も去年、言っています。

そもそも郡部においては、普通の時も人が歩いていませんので、あまりピンとこないと思います。

2020年4月16日 新型コロナウイルスの拡大で全国に緊急事態宣言が発令され、対策本部を設置した際の会見より。

「’監視社会’なんて、大げさだなあ」と思うかもしれないんですけど…。

監視社会っていうか「たいてい、みんな知ってる人で、しがらみがキツい」です。

・監視社会を象徴する「期日前投票」の投票率の高さ

秋田県は選挙の「期日前投票率」が高いです。

☟「秋田」の期日前投票率が高いことについてのNHKの記事

https://www.nhk.or.jp/senkyo/chisiki/ch18/20180301.html

「どうして、期日前投票率が、こんなに高いのか?」

近所の投票所に行くと、近所の人が係員として、働いていて気になるから、期日前投票する人が多いんだと思います…。

スーパーマーケットに期日前投票所を設置していたり、「選挙カー」が過疎の町内を周って、その中で投票できたり、期日前投票しやすい環境があることも原因だとは、思います。

1-6 車社会なので、車がないと何もできない。お金がかかる

田舎は車がないと何もできません。

都会だと、「車を持たない」という選択もできますが、田舎では車は必須です。

車を持つと、車検、保険等、お金がかかります。

すごーーく無理して、「車を持たない」という選択肢を持つこともできますが、都会みたいに路線バスが一時間に何本もないので、行動がとても制限されます。

過疎化で路線バスが廃止され、自治体運営の周遊ワゴンが走っている所もあります。(周遊ワゴンは、本数が少なく、私が住んでいる地域では、一日に4本です。)

電車は二時間か三時間に一本です。

子どもがいる家庭では、車を持たないと帰りが遅くなった時、迎えに行くこともできないし、部活に入っていて、早朝練習があった時、送って行けないし、きついと思います。

子供がいじめられる「きっかけ」になりかねません。💦

1-7 地域の奉仕作業が多い

「奉仕作業」(ただ働きで、草刈などをする)は、ある程度、大きい都市だと、ないのかもしれません。

本当の田舎だと、地域の公民館の草刈、神社の草刈などに駆り出されます。

そのほか、地域の行事や配布物を配る役割などあるので、都会に住んでいるより休日がつぶれます。

行かなければいいのでは?

「仕事がある」以外で「行かない」ことは許されません…。行かないと、「ズルい」人認定されます。

2)「田舎生まれ」メリット

2-1 上京した場合、最初から都会に住んでいないので、新鮮に感じられる

地方から都会に上京した場合、東京を「新鮮」に感じられます。

2-2 広い家に住める

地方では、広々とした家に住むことができます。

都会では、賃貸の家に住んで、騒音を気にしなければいけません。一戸建てを購入するとして、都心から離れた場所になるなど。

2-3 方言 アイデンティティがある

こんなに「秋田って…」と言っている私ですが、やっぱり「方言」は私のアイデンティティで、切れないものだと思っています。

2-4 満員電車で通勤しなくていい。けど、雪国だと…

東京に住んでいる時、満員電車に乗って通勤していました。

一度、東京を離れた後、東京に遊びに行ってみたら、人がいすぎて、「人いすぎ。ここで、どうやって生活していたんだろう…」と思いました。

一度、東京に住むと、海外の大きい都市に住んでも、結構、平気だと思います。(人によりますが)

ロンドンは、大きい公園が中心部にあるし、コロナウイルスで在宅勤務が進んで、ほとんどオフィスに行っていない人もいます。

東京の「忙しさ」とは違います。東京は、「忙しそう」にしている人が多いと思います。

東京ほど、人が多くて、地下鉄や私鉄、JRなど路線が多くて、複雑な所は、そんなにないと思います。(もちろん、インドとかバングラデシュは、人がもっと多いと思います)

田舎は車通勤が主です。満員電車に乗らなくていいです。ただ、雪国だと、冬は、毎日雪かきしなければならなりません。

地吹雪(ホワイトアウト)で全方向、真っ白な中、恐々、雪道を運転していかなければいけないので、キツいこともあります。

2-5 市立図書館が空いていて、利用しやすい

市によって、市立図書館がどれだけの規模かは違いますが、田舎だと、一つの図書館に対しての利用者が少なく、利用しやすいです。

東京に住んでいた時は、休日に図書館に行くと、空席を見つけるのが難しかったです。

2-6 温泉に気軽に行ける(温泉が娯楽)

温泉に気軽に行けるのは秋田県と青森県では普通のことです。

秋田県は市町村(合併する前の)に一つは日帰り温泉施設があります。料金も300円から、高くても550円くらいです。

入浴セットを車につけている人も多いです。

2-7 自然が豊富、身近

田舎に住んでいると、大自然が身近です。

3)「田舎」の人は「田舎生まれ」かわいそうだと思っているのか?

3-1 田舎の子どもは、かわいそうか?

田舎の子どもがかわいそうだと思う点は選択肢が少ないことです。

たとえば、子どもが「バレエやってみたいな」と思った時、田舎だと、バレエ教室が近くになかったりします。

少し離れた大きい市にある教室(たとえば、車で一時間)に通うとすると、送り迎えが必要になって大変です。

親が送って行けないので、通わせられないという人もいると思います。

・情報社会の現代だが、田舎に住んでいると、全てが遠い。情報を得ても、遠い世界のことだと思って、自分の中に入ってこない

今は情報社会でyoutubeなどで、いろんな情報に触れられます。

しかし、田舎に住んでいると、いろんなものが遠いので、「自分とは関係ないもの」「自分にはできないこと」だと思ってしまうことがあります。

自分とは関係ないものだと思ってしまうと、「やってみよう」と思うことがなくなってしまいます。

3-2 人によって幸せは違う

人によって、何が幸せかは違います。

「田舎」で、ずっと暮らしていて、「田舎生まれ」は、かわいそうとは思わない人もいます。

「満員電車に乗って通勤する」、「隣に住んでいる人を知らない」生活の方が「かわいそう」だと思う人もいます。

私の祖父は、働くことが人生の楽しみで、生涯、田舎で幸せに暮らしました。

一度、他の場所に住んでから「やっぱり、地元がいい」と思って帰ってくる人もいます。

東京に頻繁に遊びに行っている私の友達は「田舎に生まれた時点で、ガチャ失敗だ」と言っていました。

↓「田舎に生まれると、どれだけハンデがあるか」について書かれた記事です。(他の人の記事)

↓「キングオブ田舎、保守的、閉鎖的な町の農家に生まれて」 私は

田舎(私の場合は、田舎の農家、保守的すぎる町内)に生まれて、「損したな」と思うこともあるけど、私は、いい方に利用していきます。

生まれた家は、もう変えられないので。

都会で生まれて、都会で育った人が分からないことが分かるし。

今は自分の人生を選べる時代なので、東京に住みたいと思ったら住めます。今から100年前くらいに、田舎の農家に生まれたら、選択肢は、もっと少なかったです。(無いに等しい)

岩手県北上市の桜の名所「展勝地」は地元の実業家が「休みなく働いている農民が花見ができるように」という思いから作りました。

稲作は機械化が進んだ今でさえ、大変です。100年前、全部自分たちで田んぼまで苗箱を運んで、手で田植えしていたなんて、本当に大変だったと思います。

私の親の世代でさえ、田舎に生まれたら、「選択する」ことが難しい時代でした。「いえ」を守る考え方が今より強かったので、もし、田舎で長男に生まれたら「いえ」を継ぐことは「絶対」でした。

↓地方出身者(裏日本と呼ばれる日本海側の県出身で、地方と都会の差を描いた小説を多く書いている山内マリコさんの小説)

ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫) [ 山内 マリコ ]

価格:649円
(2022/5/26 07:47時点)
感想(3件)

あのこは貴族 (集英社文庫(日本)) [ 山内 マリコ ]

価格:704円
(2022/5/26 07:49時点)
感想(2件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
山奥の米農家長女。英語が好きで、高校生の時は英語部でした。ロンドン出身の先生がお土産をくれたけど、ロンドンは「別の世界」だと思ってました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。ワクワクする音楽を見つけるのも好きです。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「とにかく、何でもやってみて、納得するタイプ」です。