ルッキズム「一重」の悩み アイプチ「ビフォーアフター」

私は、一重です。

私以外、家族全員、二重で、妹はモデルみたいな超絶美少女だったので、比べられて悩みました。アイプチで二重にするようになって、そんなに悩んでません。

ルッキズム「一重の悩み」、どうすればいいのか?

目次

1)「一重」アイプチで二重にする アイプチ ビフォーアフター

私は、アイプチで二重にして、メイクを楽しめるようになりました。

アイプチ ビフォーアフター
まぶたが重い一重です。

あくまで、私の場合なんですが、一重だと、メイクが楽しめません…。

一重の自分を否定するわけでは、なく、自分が好きな、自分の顔の方が楽しく過ごせるので、アイプチしています。

「なんで、私は一重なんだ。いいなあ。元から、かわいい人がうらやましい」と悩んでいても、時間は過ぎていくので、楽しく過ごせる方法をとった方がいいと思います。

「アイプチを使い続けていたら二重になった」という人もいます。

以前は「メザイク」というテープを使っていましたが、今は「折式」というアイプチを使っています。

「折式」は、従来のアイプチとは違います。

D.U.P ディーアップ オリシキ アイリッド スキンフィルム (4mL) 二重まぶた化粧品 折式 ORISHIKI DUP

価格:1,485円
(2022/4/6 13:45時点)
感想(0件)

いろんなアイプチを使ったけど、「折式」が一番いいです。

2)海外に住む

「一重」「ルッキズム」と「海外に住むこと」。「何の関係があるんだ?」と思うかもしれません。

「ルッキズム」に悩んでいるなら、「見られ方」が変わる場所、「価値観」が違う人がいる場所に移ってみるのもいいからです。

日本の美醜観は、「こういう人がかわいい」と、画一化されています。

メディアの影響が大きいです。

さらに、外見について焦りを覚えさせる広告もたくさんあります。(脱毛、ダイエット、一重etc‥‥)

みんながみんな、そうなわけじゃないけど、「一重」で辛い思いすることも多いです。

ヨーロッパに行くと、「一重」「二重」とか、ほとんどの人が気にしてません。(東アジアの人、東アジア系の人でないかぎり、大半の人が二重なので)

「東アジア人は目が細い」と思っているでしょうが。

私は、「日本で外見で嫌な思いをしたけど、海外で恋人ができて幸せです」という人を何人か見ました。

どんな感じの人達だったかというと、メイクで有名なyoutuber「足の裏」さんの、すっぴん時のような外見でした。

この動画の中で、足の裏さんは「ロイヤルプチアイム」というアイプチを使っていました。

※送料無料★増量6ml★メール便対応【ローヤルプチアイムSプラス(エスプラス)スーパーハード】

価格:3,024円
(2022/4/6 13:35時点)
感想(1件)

もちろん、海外に行ったら、自動的に「全てバラ色、ハッピー」になるワケじゃないし、人によって「楽しくないじゃん。なんだよ。」と思うかもしれません。

日本で、画一化された美醜観によるルッキズムで悩んでいる人は一度行ってみることをおすすめします。

※これは、どこに住んでいても同じ、注意することなんですが、「いきなり、よく知らない人と、二人で、お酒を飲まない」、「家に行かない」など、お気をつけください。

「あー。よく言う、国際結婚する日本人女性は、一重で黒髪の人が多いってヤツか?」

と思うかもしれません。

いやー、日本のキレイ基準(二重)の人は、普通に海外でも、そのままモテています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。