美容などの記事は、他のブログに移動しました。ここをクリックすると移動します。

ファッション、年齢を気にしすぎ 日本「着たい服着れない」

ファッション 年齢

「ファッションに年齢は関係ない」。

100パーセント、そうだとは言えませんが、日本は「30代ファッション」、「40代ファッション」、「ミニスカートは30まで」「母親なのに、そんな派手な服着るなんて」…などという考えがあって、他人からの「縛り」が強いと思います。

全員が「こうだ」と決めつけているわけでは、ありません。「傾向がある」という話です。

主語が大きくて、すみません。

「日本では、好きな服が着れない」と思っている方もいるようです。

目次

1)「めっちゃ細い」「痩せている」のが美の基準の日本 ボディラインが出る服 着づらい

日本の美の基準の一つとして、「痩せている」があると思います。

日本に帰ると、「痩せてる人しかいない!」と思います。太っている人もいるけど、少ないので、目立ってしまっていると思います。

「痩せている人が多い」ことは、悪いことでは、ないのですが…。

↑有名なカフェの前で写真を撮ったら、ぽっちゃりした人たちが映り込みました。

日本の雑誌の、ヨーロッパのストリートスナップに載っているのは、「白人の痩せている人」がほとんどです。

その影響で、「痩せている人が多いんだろう」と思っている人が多いかもしれません。

日本人より体の芯が太い人が多いです。

しかも、いろんな人種の人がいるので、体格もさまざまです。

「年齢とファッション」からは、少しずれていることなんですが、初めて、ヨーロッパに行った時、びっくりしたことの一つは、太っていても、お腹を出している人がいたことです。

「日本だったら、絶対なにか言われるし、無理だろうな」と思いました。

「外見に厳しい」「外見にうるさい」日本。辛い「ルッキズム」から解放されるには?

ヨーロッパでは、ボディラインが出るワンピースとか着ていたんですが、日本では着られなくなりました。

リブニットが限界です。

2)ミニスカート 何歳まで?

2-1 パブでミニスカートを履いている女性

パブ イギリス
「パブ」でミニスカートを履いている女性

ミニスカートを履いている、年輩の人もいました。この女性はパブに来るために、特別に履いたのかもしれません。日本では、30超えてミニスカート履いていたら「痛い」と思われると思います。

私はスイスでworkawayをした時、川に泳ぎに行ったんですが、一緒に行った40代のアメリカ人はビキニを着ていました。

「アジア人は若く見られる」という背景もありますが、ヨーロッパにいる時は、日本ほど、服装を気にしなくてよかったです。

年齢によるファッションの縛り ミニスカート
ドラマ「Sherlock」のロケ地。この時、私は30代前半でした。普通にミニスカート履いてました。

3)明るい色の服を着ている人たち

海外 華やかな服 年輩

ドイツの市民学校で同じクラスだった(習っていたのはドイツ語じゃない)明るい色の服を着ている年輩のドイツ人女性たちです。

よく、「ドイツ人は服に無頓着」と言っている人がいますが、この女性たちは、いつも明るい色の、華やかな服を着ていました。

イギリス ロンドン 駅
ロンドンの駅にて

3-1 明るい色の服を着ていたアフリカの人たち

ドイツで、ドイツ語の学校に通っていた時、なぜかクラスの80%がアフリカ人だったことがありました。

モロッコ、カメルーン、スーダンなどです。

それまでイギリスに住んでいたけど、「EU脱退」や、「住みづらい」という理由でドイツに引っ越してきた人も何人かいました。(大学を出て、研究職に就いていたりしていた人たちだったので、裕福な家の出身の人たちだったと思います。)

その人たちは、結構いつも明るい色の服を着ていました。(ヴィヴィッドカラー)

先生に怒られても、全然めげてないので、「強い」と思いました。

着ている服の色と性格が合っていました。

3-2 「30超えてピンクは痛い」 そんなの誰が決めたの?

ピンクの服は、着づらいと思われている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

「ピンク」の服を〇〇歳で着てたら、痛いとか、誰が決めたんでしょうか。

誰が決めたわけでもなく、お互いを縛っていると思います。

4)ろりーた ファッション 30代、40代、年齢

自分が好きなファッションを貫いている人もいます。

普段からロリータファッションをしている青木美沙子さんです。

彼女はずっとロリータファッションを続けているので、本当にすごいです。

ネットで非難されることも、あるそうです。

5)ママ ファッションの縛り

日本で、母親が派手な格好をしていると、「母親なのに、派手な格好をして…」と言われると思います。

「人種」、「住んでいる場所」など違いがありますが、ロンドンで関わった、大家さんの友達(シングルマザー、30代半ば)は自由な服装をしていました。

ファッションの縛り

6)おばさんに見えるNG髪型、30代、40代の痛いファッション等の 雑誌の特集

近年、「多様性」を取り入れて、「もっと自由でいい」という趣旨の特集をする雑誌が多いです。

雑誌の「30代がおばさんに見えるNG髪型」、「30代の、痛いファッション」「アラフォーが痛く見えない△△」等の特集は減ってきています。

でも、しぶとく、こういった「縛り」系の特集をしている雑誌もあります。

「若すぎてもダメ、地味な服もダメ。じゃあ、何を着ればいいの^_^;」

と、思います。

7)「日本は、服装、ファッション、気にしすぎて、めんどくさい。好きな服着れなくて嫌だな」と思ったら、おすすめの本、インスタグラム

「30代ファッション」、「40代ファッション」……。

「なんで、こんなに気にしなきゃいけなきゃいけないの…」と思った時に、おすすめの本があります。

7ー1 木村眞由美さんの本、インスタグラム

木村さんは夫の死後、インスタグラムを始めて、大人気になりました。

年齢 ファッション 本

私はわたし、80過ぎてもおしゃれは続く [ 木村 眞由美 ]

価格:1,650円
(2022/3/1 16:09時点)
感想(0件)


私はわたし、Age83のストリートスナップ

私はわたし、84歳のスタイルブック

7-2 Shokoさんのインスタグラム、本

Shokoさんはイギリスの有名な芸術大学 セントラル・セントマーチン卒のアーティスト、デザイナーです。

ピンクを始めとした、明るい色の服を着ていることが多いので、見ていると、自分も明るい色の服が着たくなります。


SHOKOのロンドンファッション・スタイルブック 自分らしくいるための、おしゃれなセンスの磨き方

↓ 日本人が服装、外見を気にすることについて、ポジティブな所もあるという記事です。

2件のコメント

この記事に救われ励まされました。
着たい服を着たい!
自分の人生を楽しみたい!

   それだけ。。

気にしない日もあるし、
気になる日もあります。
悩んだらまたこの記事読みに来ます。
本当にありがとうございました!

マコさん

コメントありがとうございます!!! おこがましいですが、「少しでも誰かの気を楽にさせたい」と思って書いたので、とても嬉しいです。(’u’*)☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
高校生の頃、ロンドン出身の先生がお土産をくれたけど、ロンドンは「別の世界」→もう一つの世界にあるような所だと思ってました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスの映画、ドラマ鑑賞」、「ワクワクする音楽を見つける」。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。