ファッション、年齢を気にしすぎ 日本「縛りがありすぎる」

ファッション 年齢

「ファッションに年齢は関係ない」。

100パーセント、そうだとは言えませんが、日本は「30代は、こういうファッション」「〇〇は30まで」「母親なのに、そんな派手な服着るなんて」…という考えがあって、他人からの「縛り」が強いと思います。

全員が「こうだ」と決めつけているわけでは、ありません。「傾向がある」という話です。

主語が大きくて、すみません。

目次

・年齢、体型を気にしない、自由なファッション(国内外)好きな服装をしている人たち

1)太っていても、お腹を出してる人

これは「年齢とファッション」からは、少しずれていることなんですが、初めて、ヨーロッパに行った時、びっくりしたことの一つは、太っていても、お腹を出している人がいたことです。

「日本だったら、絶対なにか言われるし、無理だろうな」と思いました。

「外見に厳しい」「外見にうるさい」日本。辛い「ルッキズム」から解放されるには?

2)ミニスカート 何歳まで?

・パブでミニスカートを履いている女性

パブ イギリス
「パブ」でミニスカートを履いている女性

ミニスカートを履いている、年輩の人もいました。この女性はパブに来るために、特別に履いたのかもしれません。日本では、30超えてミニスカート履いていたら「痛い」と思われると思います。

私はスイスでworkawayをした時、川に泳ぎに行ったんですが、一緒に行った40代のアメリカ人はビキニを着ていました。

アメリカ人と日本人は違うし、売っている水着に「ビキニ」が多いというのも原因だとは思います。

年齢によるファッションの縛り ミニスカート
ドラマ「Sherlock」のロケ地。この時、私は30代前半でした。

「アジア人は若く見られる」という背景もありますが、ヨーロッパにいる時は、日本ほど、服装を気にしなくてよかったです。

3)明るい色の服を着ている人たち

海外 華やかな服 年輩

ドイツの市民学校で同じクラスだった(習っていたのはドイツ語じゃない)明るい色の服を着ている年輩のドイツ人女性たちです。

よく、「ドイツ人は服に無頓着」と言っている人がいますが、この女性たちは、いつも明るい色の、華やかな服を着ていました。

イギリス ロンドン 駅
ロンドンの駅にて

2-1 明るい色の服を着ていたアフリカの人たち

ドイツで、ドイツ語の学校に通っていた時、なぜかクラスの80%がアフリカ人だったことがありました。

モロッコ、カメルーン、スーダンなどです。

それまでイギリスに住んでいたけど、「EU脱退」や、「住みづらい」という理由でドイツに引っ越してきた人も何人かいました。(大学を出て、研究職に就いていたりしていた人たちだったので、裕福な家の出身の人たちだったと思います。)

その人たちは、結構いつも明るい色の服を着ていました。(ヴィヴィッドカラー)

「肌が黒いからだろ」と思うかもしれません。

先生に怒られても、全然めげてないので、「強い」と思いました。

2-2 ピンク 何歳まで?

ピンクの服は、着づらいと思われている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

「ピンク」の服を〇〇歳で着てたら、痛いとか、誰が決めたんでしょうか。

誰が決めたわけでもなく、お互いを縛っていると思います。

4)ろりーた ファッション 30代、40代、年齢

自分が好きなファッションを貫いている人もいます。

普段からロリータファッションをしている青木美沙子さんです。

彼女はずっとロリータファッションを続けているので、本当にすごいです。

ネットで非難されることも、あるそうです。

5)ママ ファッションの縛り

日本で、母親が派手な格好をしていると、「母親なのに、派手な格好をして…」と言われると思います。

「人種」、「住んでいる場所」など違いがありますが、ロンドンで関わった、大家さんの友達(シングルマザー、30代半ば)は自由な服装をしていました。

ファッションの縛り

・「日本は、服装、ファッション、気にしすぎて、めんどくさい。なんやねん」と思ったら、おすすめの本

「30代ファッション」、「40代ファッション」……。

「なんで、こんなに気にしなきゃいけなきゃいけないの…」と思った時に、おすすめの本があります。

インスタグラムを始めて、大人気になった木村眞由美さんの本です。

年齢 ファッション 本

私はわたし、80過ぎてもおしゃれは続く [ 木村 眞由美 ]

価格:1,650円
(2022/3/1 16:09時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。