「ビル・ナイ」出演 おすすめの映画3作

ビルナイ おすすめ作品

目次

1)かっこいいビル・ナイ 身長などプロフィール

生年月日1949年12月12日
出身地イギリス 
(ロンドン近郊のSurrey)
身長185cm

kiki

ロンドン近郊のSurreyに生まれたビル・ナイは、学校でOレベル(中等教育の初級レベルを修得したことを示す証明書)を得ました。読書を楽しみ、とくにヘミングウェイが好きでした。卒業後、ジャーナリストになりたいと思ったビルですが、必要な資格を持っていなかったので、雑誌業界で配達係として働き始めます。

「最高の小説が書きたい」と思い、パリに渡り、なんとか「タイトル」だけ書きます。しかし、それ以上、書けず、お金が尽きた時、イギリスに戻りました。そして、ロンドンの「Guildford School of Dance and Drama」で演技を学び、映画やドラマで活躍しています。

https://www.imdb.com/name/nm0631490/bio?ref_=nm_ov_bio_sm より

2)ビル・ナイ 出演作

2-1 ビル・ナイ ラブ・アクチュアリーでは、どんな役?


ラブ・アクチュアリー (字幕版)

ビル・ナイが演じた役で、最も知られているのは、「ラブ・アクチュアリー」の落ちぶれたシンガー、ビリー・マック役では、ないでしょうか。

ビル・ナイは、この映画の監督 リチャード・カーティスの作品に多数、出演しています。

ビル・ナイの「性格俳優」(なんらかの’キャラクター’を演じる。個性のある役を演じることが多い。助演俳優とも表現される)としての才能が、監督の、多彩な脚本に適しています。

↓Amazonの「ラブアクチュアリー」のページ


ラブ・アクチュアリー (字幕版)

2-2 ビル・ナイ ハリーポッターでは、どんな役?

ビル・ナイは、「ハリー・ポッター」シリーズにも出演しています。

「ハリーポッターと死の秘宝 Part1」で魔法大臣ルーファス・スクリムジョールを演じています。

3)ビル・ナイ出演 おすすめの映画

3-1「マリーゴールドホテルで会いましょう」


マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 (字幕版)
原題The Best Exotic Marigold Hotel
公開年(日本)2013年
上映時間113分
舞台となった地(設定)インド
撮影地インド

「ジュディ・デンチ」、「マギー・スミス」、「ビル・ナイ」、「セリア・イムリー」、「ペネロープ・ウィルトン」…… イギリスの大御所俳優が勢ぞろいの映画です。

あらすじ

それぞれの事情、希望の下、引退後、イギリスからインドのホテルに、やって来た男女7人。聞いていた話と違い、ホテルはボロボロだった。

つぶれかけのホテルのオーナーのインド人青年サニーが「Everything will be alright in the end. So if it is not alright, then it is not yet the end.(最後にはすべてうまく行く。うまくいっていないなら、まだ終わっていないということだ。)」と、調子よく、皆をなだめる。

インドという、イギリスとは全く異なる環境に順応し、楽しく過ごす者、今までと同じように「金持ち」の旦那探しにまい進する者。仕事を得る者。順応できずに文句ばかりの者。 7人のインド生活に、違いが出始める。

kiki

何気なく、見てみたら、とても面白かった、おすすめの映画です。不思議な魅力と活気がある地 インドで繰り広げられる人間ドラマ。

特に印象的だったのは「判事」という高ステータスな職業に就きながら、おごることない「グレアム」です。

彼は子供の頃、インドに住んでいました。その頃の知り合いに会うためにインドにやって来たのです。イギリスに引っ越しても、ずっと、その人に会いたいと思っていましたが、来られないまま、この歳に。

ビル・ナイは、心優しく、順応力、探求心を持つ元公務員 ダグラスを演じています。この役も、ビル・ナイの温和な雰囲気に合っていて、とっても魅力的です。

ところどころ、語られる、人生の教訓のような言葉も魅力な、元気が出る、超おすすめの映画です。

kiki

↓「Amazon」の「マリーゴールドホテルで会いましょう」のページ


マリーゴールド・ホテルで会いましょう (字幕版)

3-2「パイレーツロック」

リチャード・カーティス 監督、脚本

思い切り違う世界が見たい方に向いています。

原題The Boat that rocked
公開年(日本)2009年
上映時間135分
舞台となった地(設定)イギリス
あらすじ

まだ、民法ラジオ局が無かった1966年のイギリス。高校から退学処分を受けたカールは、母(エマ・トンプソン)の古い知り合いクエンティン(ビル・ナイ)の船に乗船する。24時間個性豊かなDJたちがロックを流し続ける海賊ラジオを放送していた。

カールは音楽を愛する、自由きままな彼らの生活に驚くが、次第に溶け込んでいく。

「海賊ラジオ」をやめさせたい政府は、彼らを取り締まることに躍起になっていて、ついに…。

kiki

序盤は、ちょっと下ネタが多いです。

イギリスのロックが好きな人、自由きままな生活を見て、少しの間、現実逃避したい方に、おすすめの作品です。

3-3「スティルクレイジー」


スティル・クレイジー (字幕版)
原題STILL CRAZY
公開年(日本)1999年
上映時間95分
舞台となった地(設定)イギリス
あらすじ

1977年、野外ロックコンサート会場で解散したバンド「ストレンジ・フルーツ」。

時は流れ1997年。普通のおじさんになった、キーボード担当トニーに、ウィズベック20周年記念フェスティバル参加の誘いがくる。

当時のマネージャーカレンと共にメンバーを探し始めた。順調に、メンバーを見つけていくが、ギターのブライアンだけは見つからない(皆、ブライアンは死んだと思っている)。バンドは新しいギターを加入させて欧州ツアーに繰り出す。人間、年をとっても、意地っ張りなところは変わらなくて、バンド内でケンカもあるが、なんとか欧州ツアーを続ける。

kiki

70年代に人気を集めたもののメンバー同士の衝突によって解散した往年のロックバンド“ストレンジ・フルーツ”が、解散から20年の時を経て再結成を決意、散り散りになっていたメンバーを再び集めて欧州ツアーに乗り出すが―という“バンド再結成コメディ”で、遥か昔に解散したバンドに未練が残る男達の20年越しのセカンドチャンスの行方をユーモラスに描いた快作となっています。

yahoo映画 より

スーツなど、かっちりした服装の役が多い(比較的)ビル・ナイですが、この映画では、きらびやかなバンドファッション(グラムかな)のビル・ナイが見られます。「ビル・ナイがロックを歌う」って想像できなかったんですが、しっくりきていました。

「年下の奥さんの尻に敷かれている」、ドジな、おちゃめな役でした。

ブライアンを演じたブルース・ロビンソンを見た時、「見たことない俳優だなあ」と思ったんですが、それもそのはず。彼の本業は映画監督で、裏方メインで仕事しています。

ブライアンは「なんだ、この素敵な人は…。そりゃカレン(バンドのマネージャー)も、ずっと忘れられないはずだよ。」って感じなので、ぜひ、どれだけ素敵か、ご覧になって確かめてみてください。

↓男性の方も同じように感じられてるようです。

ビル・ナイ(個人的に大好きな役者)、ティモシー・スポール、ビリー・コノリー等、英国の芸達者達が生き生きとキャラを演じている。特にラストに登場したブライアン役のブルース・ロビンソン(若い頃のジミー・ペイジに似ている)は、本当に中年ロッカーかと思えるほどのカッコいいオヤジオーラがほとばしっている。こんなオヤジになりたいものだ。

yahoo 映画より

↓「Amazon」の「スティルクレイジー」のページ


スティル・クレイジー (字幕版)

4)「ビル・ナイ」次回作は「生きる」

ビル・ナイの次回作は日本映画「生きる」のリメイク「Living」(原題)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。