このブログについて

ねこ

このブログは、主に、私の経験を基に書いています。

消滅しそうな、地元の人しかいない、住んでいない山奥の農家に生まれて、それなりに楽しい子供時代を過ごしました。

上京してから、「都会と地方」の、圧倒的な格差にショックを受けました。(文化的、経済的な)

「田舎に生まれた時点で、ガチャ失敗」と言う人もいますが、私は、超保守的、排他的な山奥に生まれたことを良い方に生かそうと思います。

主語が大きいと言われそうですが、日本では、「ここからハズれたら終わり」や「ここからはみ出たら変な人」という考えで悩んでいる人が多いと思います。

記事を読まれた方に「大変だけど、諦めたら終わりだ」と思ってもらえるように、このブログでは、いろんな解決策を紹介しています。

意見

自分が出会った、ほんの少しのサンプルで、決めつけるな。

返答:出会える人の数は限られています。決めつけていると感じられることもあるかもしれません。

「こんな人もいるんだ」くらいに思って、読んでいただけたら幸いです。

意見

なんで、日本の通信制大学に編入してんの?意味わかんない。イギリスに住みたいんじゃないの?

返答:

私はイギリスに住みたいと思っているんですが、スキルも学歴も、いいキャリアもないので、今のままでは無理です。

私は、短大卒業だし、全然いいキャリアがありません。

イギリス人の友達(配偶者が日本人)には

「日本の大学の学位は、イギリスのビザ取るのに、役に立たないよ。」

と言われました。

「役に立たない」わけじゃないけど、いいキャリア、専門技術があって初めて、役立ってくると思います。

(他の国で、たとえ母国の大学の学位でも、ビザ取得に関係する国もあります。)

これから、やりたいことがあって、そのために大卒の学位があった方がいいので、通信制大学に編入しました。

ドイツで転職しようと、私は就職活動したけど、全然いいキャリアが無く、スキルもないので、当然、内定を得られませんでした。(いい会社もあったけど、「’ビザ’のスポンサーになるんだから」と、足元を見てくる会社もありました。)

「社会」について興味があり、考えたり、調べたりするのが好きなので、「社会学」を勉強し始めました。

「社会」について興味を持った きっかけは

・山奥の、保守的な町(みなさんの想像を超えていると思います)に生まれて、母が大変そうだったこと

・上京した時に、都会と地方の差を思い知ったこと

・イギリスでホームステイしたら、家事を、夫婦で分担していたこと、準備が大変な料理をしていなかったこと

・イギリスで生活したら、シングルマザーがたくさんいたこと

です。

通信制大学なので、指定されたテキストと、自分で探し、見つけた参考文献を読んで勉強して、レポートを提出して、合格してから試験を受けて単位が認定されます。

レポートを書くことに慣れていなくて、結構大変です。「受け身」だと卒業できません。自分が何もわかっていなかったと知られて良かったです。

一か月に10冊以上は本を読んでいるので、得た知識を、このブログにも生かせたら と思います。

また、イギリスの景色が恋し過ぎて映画をたくさん見ているので、俳優や映画に詳しくなったので、映画の記事も書いています。

2件のコメント

Really beautiful blog and touching background.
I wish you all the best with this blog! (Keep on fighting)
Kind Regards Christian

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。