美容などの記事は、他のブログに移動しました。ここをクリックすると移動します。

【仙台】イギリスを感じられる おすすめのカフェ2店

ノースフィールズ 入口

まだ気軽にイギリスに行けない今、「日本でイギリスを感じられる場所」を探している方も、多いんでは、ないでしょうか?

「仙台」には、イギリスを感じられるカフェがあります。

私は、日本で「イギリス」をうたっている催し物やカフェに行っても、「これじゃない」と感じて、がっかりすることがありました。

今回、ご紹介するカフェ2店は「イギリス」好きな方を絶対に、がっかりさせません。

1)「Northfields」

このカフェは日英夫婦が経営されてます。

二人だけで内装を改装して、開業したカフェで、すごくいい雰囲気です。

店名の「Northfields」は、お二人が出会ったロンドンの町です。(「Northfields」はロンドンの西側、ピカデリーライン沿い。日本人がたくさん住んでいるイーリングから西南の方向にあります)

このカフェを開く前に、お二人は東京の表参道にあった「Franze&Evans」で働いて、エスプレッソの知識を得ました。その後、奥さんが仙台の有名カフェ「モーツアルト」で働いて、カフェ業務の経験を重ねました。

(※「Franz&Evans」は日本から撤退しました。ロンドンの「Shoredich」に店舗があります。)

開店まもなく、人気店になり、ビルの3階にあるカフェへと続く階段に列ができて話題になりました。

↓このインタビューを参考にしました。

https://kurashito.co.jp/column/sendai-owner-northfields/

ずっと行きたかった、このカフェに、やっと行けました。

1-1「Northfields」営業時間

営業時間:12:00~17:00

定休日:毎週水曜日

航空券が高い時期を避けてイギリスに帰省することが「自営業」を選ばれた原因の一つだそうなので、「帰省」で休業することもあるかもしれません。

遠くから行かれる方は、事前に確認した方がいいと思います。

1-2「Northfields」アクセス

住所:宮城県仙台市青葉区国分町1丁目3-13 遠藤ビル3F

地下鉄東西線「青葉通一番町」駅から徒歩6分です。

私は地下鉄を使わずに、仙台駅から歩きました。仙台はアーケードがあるので、通り雨なら濡れずに移動できます。

「迷うかもしれない」と思ったけど、南北に走る「晩翠通り」という大きい通りから、少しだけ入った場所にあったので、迷いませんでした。

1-3「Northfields」に行ってみた

「Northfields」に行ってみました。

12時開店で、11時50分くらいに、お店に着きましたが、すでに3組、前に並んでいる方達がいました。

↑この写真をイギリス人の友達に店内の写真を見せたら、「日本なの?イギリスみたいに見える」と言っていました。

照明は間接照明を活用したイギリスっぽい雰囲気、インテリアもアンティーク、ドライフラワーが飾られ、センスを感じられます。

一人客にも優しい「一人席」もあります。

「イギリス」や「お茶」についての本、洋書が置いてありました。

(「プレミアム」や「トランジット」などの雑誌も)

私は「スパイク麦の、デーツとくるみのスコーン」と「アールグレイティー」を注文しました。

ノースフィールズ スコーン断面
デーツのスコーン バターナイフはイングランド北部 シェフィールド製でした。

お店で使われている「Brew tea co」(マンチェスターの紅茶のブランド)の紅茶を初めて飲みましたが、おいしかったです。ポットに、たっぷり入っているので、お腹がいっぱいになり、温まりました。

「デーツ」を使ったお菓子は、日本では珍しいです。健康的だし、おいしかったです。

私が来店した時は「キャロットケーキ」と「ラテ」などのコーヒーを注文している人が多かったです。

男女カップルで来られている方もいました。男性も入りやすいと思います。

お店を出たら、階段に列ができていて、待たないと入れないようになっていました。

2)「ハムステッドティールーム」

「ハムステッドティームーム」は仙台の、今年の4月に10周年を迎えたイングリッシュティールームです。

オーナー兼店長の平中さんは、ロンドンでホームステイしながらイギリス各地のティールームを巡った後、仙台のティールームに勤務しました。

2011年4月、お店を受け継いで「ハムステッドティールーム」を開店しました。

「新宿伊勢丹英国展」「日本橋三越英国展」にも出店しています。

この本に「ハムステッドティールーム」が載っています。

スコーン大好き! いちばん愛される英国菓子 15人のとっておきレシピ [ 小関 由美 ]

価格:1,650円
(2022/5/29 04:07時点)
感想(2件)

2-1 「ハムステッドティールーム」営業時間

営業時間:月~土 11:00~18:30

2-2「ハムステッドティールーム」アクセス

「ハムステッドティールーム」は、「マーブルロード」というアーケードを出て100メートルくらい歩いた所にあるので、分かりやすいです。

電力ホールを目印にすると、いいですね。

仙台駅から歩けます。

住所:宮城県仙台市青葉区一番町3丁目8−24 シャルムビル3F 一番町シャルムビル

2-3「ハムステッドティールーム」に行ってみた

開店直後に行ってみました。

ハムステッドティールーム 看板
ハロウィンの前だったので、ハロウィンのデコレーションがしてありました。

↑スタッフの方が丁寧に説明してくれました。落ち着いた内装で一人でも入りやすいです。

手作りケーキの種類が豊富で、グルテンフリーのケーキもあったんですが、スコーンを注文してみました。

スコーンは「クロテッドクリーム」と自家製ジャム付きです。

今回は「りんご」のジャムでした。ほどよい甘さで、おいしかったです。

スコーンはバターの風味を感じられ、サクッとした触感で、おいしかったです。

まとめ
今回、ご紹介した2店舗のほかにも、仙台には楽しめる場所がたくさんあります。訪れてみては?

国内旅行の予約は「楽天トラベル」、「Booking.com」が便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
高校生の頃、ロンドン出身の先生がお土産をくれたけど、ロンドンは「別の世界」→もう一つの世界にあるような所だと思ってました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスの映画、ドラマ鑑賞」、「ワクワクする音楽を見つける」。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。