「キングスマン」「キングスマン ゴールデンサークル」ロケ地、あらすじ、「キングスマン4」製作中?

キングスマン バス

何度も延期が繰り返されていた「キングスマン ファーストエージェント」が2021年12月24日に公開されました。

↓「キングスマン ファーストエージェント」ロケ地についての記事です。

「キングスマン ファーストエージェント」ロケ地 

最新作を見る前に「キングスマン」、「キングスマン ゴールデンサークル」を見て、おさらいしてみました。

ロケ地情報など、お伝えします。

既に、続編の製作も決定していて、撮影開始日程についても監督が言及しました。

目次

1)「キングスマン シークレットサービス」

1-1「キングスマン シークレットサービス」概要、あらすじ

公開年(日本)2015年
原題Kingsman The secret service
上映時間129分
ジャンル・スパイアクション
あらすじ
ロンドンの公営住宅(カウンシルフラット)で、母親、継父、二人の間にできた義理の妹と暮らすエグジーは無職のまま、ブラブラしていた。暴力的な継父を嫌っている。

ある日、警察に連行されたエグジーのもとに、スーツをビシっと着こなしたハリー(コリン・ファース)が現れる。エグジーの父は、元同僚、スパイで、ハリーを救うために父は亡くなったと言う。ハリーが所属するスパイ組織「キングスマン」のスパイ候補生として、試験を受けたエグジーは体力、洞察力で、最終選考の3人まで残る。

1-2 「キングスマン シークレットサービス」ロケ地

☆ 「エグジーが住んでいる公営住宅」

「エグジー」が住んでいる「公営住宅」はロンドンの北部にある「Alexandra & Ainsworth Estate」が使われました。

住所:90B Rowley Way, London NW8 0SN

ロンドンの観光名所として、日本人に人気があるアビー・ロードから歩いて行ける距離です。

(私はアビーロードから歩きました。)

アビーロードです。普通、アビーロードがバックに写るように写真を撮るけど、私は「アビーロードスタジオ」の前から写真を撮ったので、風景がちがいます。

☆ 「キングスマン」テーラーのお店

「キングスマン」のお店として、ロケに使われたお店は「サヴィル・ロウ」にあります。

ここはセントラルにあるので、行きやすいと思います。

Huntsman & Sons

11 Savile Row, London W1S 3PS

☆ 「ハリー」の自宅

グロチェスター・ロード駅の近くです。

☆「ヴァレンタイン」が帽子を買った店

「ヴァレンタイン」が帽子を買ったお店「Lock&Co」は、セント・ジェームスパークの近くにあります。

1676年創業の、伝統がある、このお店は、「メンズファッジ」の「ロンドン」特集号に、よく登場しています。

「ポパイ」のロンドン特集号にも載っています。

【中古】 POPEYE (ポパイ) 2015年 10月号 雑誌 / マガジンハウス [雑誌]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:417円
(2021/11/27 10:10時点)
感想(0件)

kiki

「Lock&co」

住所:6 st.James’s st

営業時間:9:00~17:30(月~金)

kiki

2)「キングスマン ゴールデンサークル」

2-1 「キングスマン ゴールデンサークル」概要 あらすじ

公開年(日本)2017年
原題Kingsman The secret agent
上映時間141分
ジャンル・スパイアクション
あらすじ
スパイとして成長、前作で救出したスウェーデンの王女と交際、同棲し、順風満帆なエグジー。そんなエグジーを、チャーリーが奇襲する。チャーリーは前作で、エグジーやロキシーと、キングスマン加入試験で競い合い、脱落した上流階級出身者。あることからエグジーを恨んでいた。

エグジーは、その場をしのいだものの、新たな敵にキングスマンの情報を開示させる、きっかけを作ってしまう。

エグジーが、恋人の、両親と顔合わせするために、スウェーデン滞在中、「キングスマン」、各スパイの自宅にミサイルが撃ち込まれる

2-2「キングスマン ゴールデンサークル」ロケ地

☆ エグジーがチャーリーと戦って、行きついた場所

エグジーがチャーリーと戦って、行きついた場所は、ピカデリーサーカスとセントジェームスパークの近くです。

☟真っすぐ見ている方向に坂を上がると、ピカデリーサーカスに着きます。

真っすぐ進んで、一つ目の角を左に曲がって二つ目の建物「ザ・リフォームクラブ」はイギリスの国会議事堂「ハウス・オブ・パーリメント」と同じ建築士が設計した建物です。

映画「パディントン」や「テネット」でもロケに使われています。

「ザ・リフォームクラブ」

☆ 新しい「キングスマン」の店舗

最後のシーンで、登場した「キングスマン」の新しい店舗は、セントジェームスパークの近くにあります。

「キングスマン」シリーズ一作目で「ヴァレンタイン」が帽子を買った「Lock&co」の二軒隣です。

5 St James’s St, St. James’s, London SW1A 1EF

☆ 雪山

クールマイユールというイタリアの観光地。

モンブランで撮影されました。

Unnamed Road, 11013 Courmayeur AO, Italy

3)「キングスマン」続編 キングスマン4 製作決定?

3-1「キングスマン」続編「キングスマン3」脚本は完成済 どんな話?

「キングスマン」シリーズ3作目にあたる「キングスマン ファーストエージェント」は2021年12月24日に劇場公開されました。

「キングスマン ファーストエージェント」は、キングスマンが結成された当時の、過去の話で、スピンオフのような扱いです。それ故、コリン・ファースやタロン・エガートンなどが出演している本編の続編は、「キングスマン3」と表されています。

続編 「キングスマン3」の脚本がもう出来上がっていると、監督が明かしたそうです。

☟ヴォーン監督が話したことについて

Vaughn said that sequel would be

“the conclusion of the Harry Hart-Eggsy relationship, “adding: “The next movie is what happens to these characters (after the events of The Golden Circle).

www.slashfilm.com Nothing Can Save Us From Seven More ‘Kingsman’ Sequelsより

訳: 

ヴォーン監督は、続編は「”エグシーとハリーの関係の終わり” 各キャラクターに何があったか(ゴールデンサークルの後の出来事)について描きます。」

と、話しています。

3-2「キングスマン」続編 「キングスマン3」撮影 いつスタート?

「キングスマン3」の撮影が2022年9月にスタートすると、「comicbook.com」のインタビューの中で、ヴォーン監督が発言しました。

↓ヴォーン監督のインタビュー

https://comicbook.com/movies/news/how-the-kings-man-sets-up-kingsman-3/

4)「キングスマン ゴールデン・サークル」 残された謎

4-1「キングスマン ゴールデン・サークル」ロキシー 死亡?生きてる?

「キングスマン ザ・シークレットサービス」でエグジーと一緒に最終選考に残り、見事合格した女性スパイ「ロキシー」。

エグシーと共に奮闘し、「エグジーに好意を持っているのかも?」と思っていました。

そう思っているうちに、スウェーデン王女が現れ、シリーズ2作目では、開始25分くらいで死んでしまいます。

「え?あっけなさ過ぎる。ハリー(コリン・ファース)と同じように、実は生きているのでは?」と思った方も多いんじゃないでしょうか?

「ロキシー」が生きているかは、言及されている記事を見つけることが出来ませんでした。

「ゴールデンサークル」の撮影は4カ月早められ、2016年4月に始まりました。

そのため、「ロキシー」を演じている「ソフィー・クックソン」のスケジュールに支障が出てしまったようです。

「ソフィー・クックソン」は、メインキャラクターを演じているドラマがあり、そちらの撮影に集中するために、「ゴールデンサークル」で、すぐに死亡する設定にされたそうです。

4-2「キングスマン ゴールデン・サークル」マリーンは死んだ? 車椅子?

「ゴールデンサークル」で、エグジーとマリーン以外の、「キングスマン」のスパイは「ゴールデンサークル」が発射したミサイルで殺されてしまいました。(アメリカに行くまでハリーが生きていることを知らなかった)

「シークレットエージェント」の時から、堅いように見えて、優しく、仲間思いで、エグジーを優しく見守ってきたマリーン。

現場(敵と直接、戦う)に出ることがなかったマリーンが、ゴールデンサークルのアジトにハリーとエグジーとと共に乗り込みます。

しかし、地雷を踏んだエグシーを助けるため、身代わりになって死んでしまいます。

Merlin’s heroic death is considered one of the film’s highlights, but the first cut of Kingsman: The Golden Circle reveals the explosion only cost him his legs. He was supposed to crawl into the diner following the final fight scene, revealing his survival to Eggsy, and he would then be seen with prosthetic legs at the wedding. Test audiences were said to feel cheated that Merlin’s “death” was used as a cheap gag, so his demise was made permanent in the final cut.

訳:マリーンの悲劇的な死は、「ゴールデンサークル」の中のハイライトの一つです。

しかし、当初の編集では、マリーンは足を失っただけでした。彼は這って、最終戦闘シーンが撮影されたダイナーに入って行くことになっていました。生きていることをエグジーに明かし、結婚式に義足を付けて出席したでしょう。テストオーディエンスは、マリーンの死は安っぽいギャグのように使われ、「騙された」と感じたと言われています。

そのため、「彼の死」は恒久的なものにされました。

「マリーン」が生きている可能性は、まだあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。