「ブリティッシュ・エアウェイズ」エコノミー搭乗記 

ブリティッシュエアウェイズ 食事3

なぜか、悪いレビューが多い「ブリティッシュ・エアウェイズ」(BA)。

「なんで、悪いレビューが多いんだろう?」と思っていました。

この記事は、短距離、長距離合わせ、「ブリティッシュ・エアウェイズ」エコノミーに5回、搭乗した経験についてです。

1)マレーシア → スイス(バーゼル) (2018年7月)

2)スペイン → イギリス(ロンドン) (2018年8月)

3)ドイツ → イギリス(ロンドン ヒースロー)(2019年11月) 

4)イギリス(ロンドン ヒースロー)→ ドイツ 

5)イギリス(ロンドン ヒースロー)→ 東京 (羽田) 2021年 

目次

1)「ブリティッシュ・エアウェイズ」口コミ

往路便(成田→ロンドン)では、特に問題を感じませんでした。

復路便(ロンドン→成田)がひどい。

1)ブリティッシュ・エアウェイズ専用の第5ターミナルだというのに、荷物を預けるのに一時間以上もかかる。地上職員が少なすぎる。

2)ギャレーでずっと乗務員が話している。声が大きく、聴こえてくるため、よく休めなかった。3)日本人乗務員もいるが、いわゆる日本人らしい気遣いを期待してはいけない。例えば、「この機体は、もしかしてWi-Fiがつながらない機体ですか?」と尋ねても、「そうなんですよ」としか答えてくれない。4)機内食が、とにかくものすごい味。しょっぱいだけで、とても喉が乾く。

「Trip adviser」より

☟こちらは、中立な「口コミ」です。

生涯4度目のBA。いつも同様。日本みたいなフレンドリーな対応もないし、ルフトハンザみたいなビジネスライクさもないBAスペシャル。早めに到着したので、離陸の準備を眺めていました。我々の荷物はあのようにして扱われるのだなあ、というのがよくわかりました。チェックイン時に、荷物の「FRAGILE」扱いをお願いしたら「取り扱い終了」と言われました。事情が良くわかりました!!アハハ

今回も淡々と乗せていただきました。ありがとうございました。

「Trip adviser」より

特に、「遅延」時の対応や「予約」についての不評が多いです。

私は「JAL」とのコードシェア便だったので、予約、変更についてのストレスはゼロでした。

2)「ブリティッシュ・エアウェイズ」荷物について

2-1 「ブリティッシュ・エアウェイズ」無料受託荷物

「ブリティッシュ・エアウェイズ」の「東京」「ロンドン」間 エコノミーの無料受託荷物の量は

・上限 23キロ ×2 

追加料金を払って、3個目を預ける場合は、1個 £120(事前オンライン登録)

空港で、追加荷物があると申告した場合は料金は割高になり、£140です。

☟こちらで、荷物の量について調べられます。

https://www.britishairways.com/ja-jp/information/baggage-essentials/checked-baggage-allowances

「JAL」とのコードシェア便、「ブリティッシュ・エアウェイズ」の運行の場合、無料受託荷物の規則は「JAL」のものになります。

しかし、念のため、航空券を買った航空会社に問い合わせてみるのが一番安心です。

※ヨーロッパ内、短距離路線では預け入れ荷物は有料です。

私は、スペインからイギリスまでBAの飛行機に乗った際、預け入れ荷物が有料なことを知らなくて、空港で申告し、高額の代金を支払うことになり、ショックを受けました。

2-2 「ブリティッシュ・エアウェイズ」機内持ち込み手荷物

  • ハンドバッグ サイズ 40cm ×30cm × 25cm
  • キャビンサイズ バッグ サイズ 56cm × 45cm × 18cm 

重さの上限は、どちらも23kgです。

3)「ブリティッシュ・エアウェイズ」機内食

3-1 「ブリティッシュ・エアウェイズ」ヨーロッパ内 機内食サービス

※ヨーロッパ内、短距離路線では、食事、飲み物の提供は、ありません。

ヨーロッパ内、短距離路線でも食事の提供がある航空会社があります。

また、ヨーロッパ内は、LCC(格安 航空会社)の飛行機がたくさん飛んでいるので、BAを使う人はビジネスマンが多いんじゃないか?と思います。(BAは、LCCに参入すると発表しました。)

ヨーロッパ線ヒースロー空港からフランスリヨン空港、往復利用しました。1時間40分位のフライト時間です。定刻出発、定刻到着、フライトは問題ありません。機内座席は一般的普通です。さて、Air Franceは国内線でも、ビール、お茶、クッキーなどのサービスがあります。お昼の時間帯はサンドイッチが出ることもあります。BAは、何もありませんでした。水、コーヒー、サンドイッチなどは座席前とポケットにあるカタログを見て購入するシステムです。登場前に、飲食を済ませるか、購入することをお勧めします

「Trip adviser」より

3ー2 「ブリティッシュ・エアウェイズ」長距離便 機内食

私は「マレーシア」→「スイス」、「イギリス」→「東京」間で機内食を食べました。

この鶏肉と野菜の炒め物は、イギリスの食事にしては珍しく、しょっぱかったです。(味が薄くて、自分で塩や胡椒で味を調整することが多い)

☟羽田到着、一時間半くらい前に提供された、チーズクロワッサン。「ハムチーズ」か「チーズ」か選べました。

ヨーグルトは、イギリスの、どこのスーパーでも売っている「Yeo」です。

スナックは「プレッツェル」と、日本でも人気の「ウォーカーズ」のショートブレッドでした。

紅茶がおいしくて、牛乳を入れてもらい、たくさん飲みました。

4)「ブリティッシュ・エアウェイズ」ヒースローのターミナル

「ブリティッシュ・エアウェイズ」のヒースロー空港のターミナルは「ターミナル5」です。

5)「ブリティッシュ・エアウェイズ」こんな人に、おすすめ

5-1 イギリスが好きな方、イギリスの食べ物が好きな方

私は、紅茶が好きなので、BA機内で提供される紅茶がおいしく、うれしかったです。逆に「JAL」機内では「緑茶」がたくさん飲めて嬉しかったです。(ヨーロッパでは、緑茶のティーパックも販売されているけど、そんなにおいしくないです。)

5-2 荷物をたくさん持ち帰りたい方

「ブリティッシュ・エアウェイズ」の機内手荷物の重さの上限は23キロです。他の航空会社で、ここまで多いところは、なかなか無いと思います。

カメラなど、重い物を持ち込む方にとって便利なようです。

「イギリス」から日本への郵送料は、かなり高いです。

2キロまでで20ポンド(約3,100円)です。(2キロ以上になると、評判が良くないパーセル・フォースという会社の取り扱いになる)

送る前は「2キロって、結構送れるな」と思うんですけど、本数冊と小物を送ってギリギリ2キロでした。それなら、飛行機に乗る時に預けた方が安いです。

日本のクレジットカードの特典で、到着空港のカウンターから無料 または 安価(500円)でスーツケースを送ることができます。

※今は、空港から隔離ホテルまで直行なので、「飛行機を降りて、すぐ送る」ということは出来ません。

私は「エポスカード」のゴールドカードを持っているので、いつも空港からスーツケースを送っています。(海外で、エポスカードで支払った時の明細の提示が必要。明細が無い場合は海外でしか利用できないサービスに使用したというweb明細でも可能)

(「エポスカード」は審査が一番ゆるいクレジットカードで、一年間、20万円分くらい使っただけで「ゴールドカード」の案内がきました。)

日本からイギリスに引っ越す時は「船便」で送るのが、安く送る方法です。

ただ、日数がかかるので、夏に出発する場合に、すぐには使わない「冬物」のコートやセーターを送るのが賢い使い方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。