【ロンドン】「ベジタリアン」「ヴィーガン」おすすめの【インドカレー店】二軒

ベジタリアン カレーランチ

よく「イギリス」=「ごはんがおいしくない」「メシマズの国」と思っている方が多いようですが、そんなことありません。

ロンドンは国際色 豊かな街で、日本で食べたことがない国の料理を食べることも出来ます。

イギリスはインドを植民地として統治していました。そのため、イギリスのインドカレーは、おいしい!です。

しかも、インドの「ベジタリアン」文化は歴史が長く、スパイスも使われているので健康的です!

実際に行ってみた、「おいしい」インドカレー店をご紹介します。(超有名店のDish room以外のお店)

2軒とも

・£7(約1,050円)

・中心地にあり、アクセスしやすい

です。

ロンドンで£7(約1,050円)で、このボリュームの食べ物を食べられるのは珍しいです。

目次

1)Govinda’s Pure Vegetarian Restaurant

こちらはロンドンの中心「トッテナム・コートロード」駅から、すぐの場所にあります。「ソーホースクエア」の近くです。

カレーのセットは£7(約1,050円)という安さです。

2)Thenga Cafe

この「Thenga Cafe」はロンドンの少し東側、「キングスクロス」駅から歩いて5分の場所にあります。

「ラッセルスクエア」駅からも歩けます。

有名な「UCL」(ロンドン大学)の近くです。

レビューがすごくいいので、行ってみたら、大当たりでした。

2ー1 ダル(レンズ豆)のカレー

このカレー、本当においしかったです!サラサラのカレーで、ごはんが進んで、「おいしい!おいしい!」と言いながら、すぐ食べ終わりました。

付合わせの、「なすのカレー炒め」は、なす、油、カレースパイスがうまく合わさっていて、美味しかったです。日本人が好きな味だと思います。

2-2 ラップ

このラップは友達が頼んだんですが、想像より大きくて、びっくりしていました。

カレーの横にある、緑の物はコリアンダーのディップでした。

コリアンダーはデトックス効果が抜群のハーブです。

2-3 本格的な「レモンと生姜のお茶」

「レモンと生姜のお茶」というと、「レモン&ジンジャー」のハーブティーが思い浮かびますよね。

メニューで、このお茶を見た時、「これは本格的な、健康的なお茶に違いない!」と思い、注文してみました。

予想は当たっていました。

色を見た時に、「キツい味がするのかな?」と思ったら、飲みやすかったです。

他にも、スパイシーなお茶もありました。

「これ以上、健康的になれない」というくらい、健康的なレストランです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。