「海外」ウーバーイーツ トラブル「イギリスでの経験」

イギリスで「ウーバーイーツ」や「デリバリールー」などの食料宅配サービスを使っていて、特に不便は、ありませんでした。

「ウーバーイーツ」から食料品購入に使えるクーポンが届いたので、使って買い物してみたら、入っていない物がありました。

どう対処したか、お伝えします。

1)ウーバーイーツを使ったら入っていない物があった

食料品の買い物に使える50%オフのクーポンが届いたので、某スーパーで買い物してみました。(ウーバーイーツの配達員は自転車やバイクを使っていて、たくさんの物は運べないと思うので、小さめの物を頼みました。)

届けられた袋を開けてみると、「フェイスマスク」が入っていませんでした。

「スーパーに連絡するべきなのか?」と思っていたら、大家さんに「ウーバーイーツのアプリの’Help’のところから連絡するのよ。できるだけ早くした方がいいわよ。」と言われたので、連絡してみました。

大家さんも、某ファストフードで商品を頼んだら、飲み物が頼んだ物と違う物が入っていたそうです。

☆ 対処法

ウーバーイーツのアプリを開いて、右下の「アカウント」を開きます。

「Help」を開きます。

画面上部に「Last order」という表示が出てきます。

そこを開くと、下の画面に切り替わるので、「Past order」を開きます。

「wrong or missing items」を開きます。

注文したものと違うものが届けられた時も、ここから連絡します。

届いたものの写真を撮り、「マスクが入っていなかった」ことを証明します。

ときどき、「品切れ」で、商品が入っていないこともありますが、その時は「recipt」のところで確認すると、「sold out」と書いています。

2)どのくらいで返金されたのか?

翌日に、支払いに使ったデビットカードに返金されていました。

3)イギリス ウーバーイーツ ドライバーは、どんな人が多い?

イギリスのウーバーイーツのドライバーは移民が多かったです。ウーバーイーツには支払い時にドライバーにチップを付けられるシステムがあるので、10%つけるようにしていました。

「搾取」だと言われることもあるウーバーイーツですが、東京の港区周辺で戦略的にウーバーイーツドライバーをして、スカウトされ、モデルデビューした人もいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。