2021年10月公開 イギリスが舞台の映画「ビルドアガール」あらすじ、感想

ハウトゥビルドアガール

2021年公開の、イギリスが舞台の映画「ビルドアガール」のあらすじと感想をお伝えします。

目次

1)「ビルドアガール」概要 実話が基の話

公開年日本(2021年10月)
イギリス(2020年4月)
原題「How to build a girl」
上映時間104分
原作Caitlin Moranの同名小説が原作
舞台となる地イングランド中部の
Wolverhampton
ジャンル青春、コメディー

「Wolverhampton」って、どこ?と思って調べてみたら、「バーミンガム」の近くでした。

原作者の故郷が「Wolverhampton」で、半分、原作者の人生に基づいてるそうです。(この映画は「Caitlin Moran」の同名の小説が原作)

オープニングで「Based on True(ish) story」(真実っぽい話に基づく)っていうテロップが出てきました。

2)「ビルド・ア・ガール」あらすじ

設定だけ読むと、重い感じがしますが、ほろ苦い青春コメディーです。

ジョアンナはイギリス中部の小さな町の労働者階級の家に生まれた。

四人の弟、父母と共に公営住宅住まい。

豊富な想像力を、平凡な日常から逃避することに使っている。

ジョアンナの、ある行動が、きっかけで、一家は更に経済的困窮に陥る。責任を感じたジョアンナは、少しでも収入を得ようと、音楽誌に批評を投稿する。

編集部から連絡がきて、ロンドンまで面接に行くと、笑われてしまう。「はるばるロンドンまで来たのに、このままでは帰れない!」自らの想像力で呼び出した「ビョーク」に励まされ、編集部に戻り、自分を売り込み、仕事を得る。

ジョアンナは髪を赤く染め、派手な服を着て、「ドリー・ワイルド」というキャラクターを作り上げ、人気者になる。

「これが本当に彼女がなりたかった姿なのか?」

3)「ビルドアガール」キャスト

☆主役の「ビーニー・フェルドスタイン」は「ブックスマート」で注目された女優です。

☆ジョアンナが出会うロックミューシャンを演じるのは「アルフィー・アレン」

芸能一家に生まれ、姉は歌手のリリー・アレンです。私は彼を知らなかったんですが、少し「ユアン・マクレガー」に似ていると思いました。

☆ジョアンナの父役は「パディ・コンシダイン」が演じています。

彼は、実話を基にしたLGBT映画「パレードへようこそ」で、ウェールズの炭鉱の組合員の一人を演じています。

4)「ビルドアガール」感想

ジョアンナが16歳で、朝帰りしたり、突き抜けてるパーティーに参加したり、ドリー・ワイルドのキャラになってから「世界がちがう!」内容になっていきました。

貧しいのに、カリカリしていない父親、ジョアンナが出会うロックミュージシャンが優しくて、癒されます。

90年代の話なので、90年代のファッションを楽しめます。

☟こういう、裏地がタータンチェックのジャケット着てる人が出てきたり…。

【ポイント10倍!7/1(木)23:59まで】PENNY FARTHING(ペニーファージング) クラシック ハリントンジャケット / メンズ / ブルゾン / コットン / ユニセックス / イギリス製 / CLASSIC HARRINGTON JACKET


感想(2件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。