【イギリス】【ロンドン】「Luminary Bakery」ホームレス経験者など社会的弱者の女性を支援するパン屋

ロンドンに、さまざまな困難を抱えた女性に雇用の機会を与え、パン職人の修行を提供、カウンセリングしながら自立支援しているパン屋さんがあります。

「Luminary Bakery」です。

↓こちらの記事も、どうぞ。

「ホームレスについての考え方」自己責任論

目次

1)「Luminary Bakery」とは

1-1「Luminary Bakery」が支援しているのは、こんな女性達

性的虐待経験者96%
ホームレス経験者79%
ケアリーヴァーだった人15%
刑事司法制度で裁かれたことがある人34%
2020年に支援した女性たち

※ケアリーヴァー(Care leaver)とは16歳から19歳の間に自立しなければいけない状況だった人のこと。他の人より早く社会に出なければいけなかったため、スキル不足により、雇用面で不利な立場になっている人が多い。

「Luminary Bakery」が支援した女性たちの、実に98%が、上記の中の一つを経験しています。

(多くの女性は一つ以上)。74%の女性は3つ以上、経験しています。

1-2 「Luminary Bekery」の支援

支援を受ける女性は、最初に6カ月の「雇用、自立コース」に参加します。ここで時間管理、ストレスを減らす方法、パンを焼く技術、周囲とのコミュニケーションの取り方を学びます。

6カ月のコースを終えたら、18カ月間の次のチャプターに入ります。

女性達が過去のトラウマ、暴力、劣悪な住環境、身体的な健康、公的補助、チャイルドケアなどを適切に扱えるように支援します。

1-3 「Luminary Bekery」職業訓練 修了した女性の言葉

Before I came to Luminary, my life had fallen apart. I struggled in a world where my voice was unheard and my identity had been stripped from me. Since going through the course, I now have regained my confidence, gained life-skills and am on a path to reach my goals of independence. Luminary has gifted me with so many opportunities, I honestly don’t know where I would be without them.

Luminary Bakery HPより

訳 ルミナリーに来るまで、私の人生は崩壊していた。私は、自分の声が聞こえない、アイデンティティーを奪われた世界で、もがいていた。このコースを経て、自信を取り戻し、一生のスキルを手に入れた。そして、今、私は自立への道を進んでいる。ルミナリーは私にたくさんの機会をくれた。彼女たちがいなかったら、私は今頃、どうなっていたか分からない。

☝(意訳です。)

.”

2)「Luminary Bakery」のパン、店舗

2-1「Luminary Bekery」の店舗

「Luminary Bakery」は店舗がカムデンとハックニーにあります。

アクセスがしやすいのはカムデンです。

☟カムデン店の地図

映画「パディントン」のロケ地「プリムローズヒル」からも遠くないです。

kiki

もう一つのハックニー店は住宅街にあります。

キングスクロス駅からバスで30分くらい、エンジェル駅からバスで10分くらいの場所です。

☟ハックニー店の地図

2-2 「Luminary Bakery」のパン

ハックニー店のグルテンフリーの「キャラメルソルテッド・ブラウニー」を食べてみました。

グルテンフリーだけど、パサパサしていなくて美味しかったです。

このレモネードはフェアトレードのレモネードで、ヴィーガンのカフェなどに、よく置いてあります。

パンは美味しいし、購入することが「Luminary Bakery」と女性達の支援につながるので、行かれてみては?

「Luminary Bakery」は、この本でも紹介されていました。

イギリスの飾らないのに豊かな暮らし 365日 英国の人たちから学びたい毎日を心地よく過ごすための鍵 [ 江國 まゆ ]

価格:1,699円
(2022/4/3 08:24時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。