イギリスが舞台の映画 【スコットランド編】10作

イギリスが舞台の映画をまとめました。

数がとても多いので、【スコットランド】、【イングランド北部】、【ロンドン】年代別、【ウェールズ】、【北アイルランド】で分けます。

【ロンドン】が舞台の映画 「90年代編」

【ロンドン】が舞台の映画 「2000年代」

【ロンドン】が舞台の映画 「2010年代」

目次

1)「イーディー はじめての山登り」

公開年(日本)2020年
原題Edie
上映時間102分
ジャンルドラマ
あらすじ
30年もの間、夫の介護をしてきた、ロンドンで暮らすイーディー。娘とは分かり合えず、老人ホームに入れられそうになる。長年の夢だったスイルベン山登頂の夢を叶えるため、一人、長距離列車でスコットランドへ。

スコットランドの美しい景色を見られる映画です。

公式サイト www.at-e.co.jp/film/edie/

kkiki

「イーディ、83歳、はじめての山登り」は「U-NEXT」で見られます。
イーディ83歳、初めての山登り(字幕版)

2)「海賊じいちゃんの贈り物」

公開年(日本)2015年
原題What We Did on Our Holiday
上映時間95分
ジャンルコメディ
あらすじ
ロンドンで暮らダグ(デビッド・テナント)とアビー(ロザンムド・パイク)夫婦は別居中。余命短い、ダグの父(ビリー・コノリー)の誕生日を祝うため、三人の子どもを連れ、ダグの故郷のスコットランドへ向かう。

人気ドラマ「ブロードチャーチ」、「Dr.Who」のデビッド・テナント、「ワールズエンド 酔っぱらいが世界を救う! 」、「ゴーン・ガール」のロザンムト・パイク主演です。

デビッド・テナントはスコットランド人なので、結構、スコットランドが舞台の映画に出演しています。(スコットランド訛りが自然に話せるから)

「海賊じいちゃんの贈り物」は「U-NEXT」で見られます。

3)「ウイスキーと二人の花嫁」

公開年(日本)2018年
原題Whisky Galore!
上映時間98分
ジャンルコメディー
あらすじ
ナチス・ドイツによる空襲が激しさを増す第二次世界大戦中、とうとう、大事なウイスキーが底をついてしまったスコットランドのエリスケイ島沖で大量のウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話を基に描いた物語。

「イーディー はじめての山登り」に出演している、エリック  が出演しています。

「ウイスキーと2人の花嫁」は「U-NEXT」で見られます。
ウイスキーと2人の花嫁

4)「ドライビング・レッスンズ」

公開年(日本)2006年
原題Driving lessons
上映時間98分
ジャンルドラマ

あらすじ
シャイで本好きなベン(ルパート・グリント)は、楽しくなる見込みのない夏休みの始まりを迎えていた。同級生が外出して、貴重な数週間を楽しむ中、聖書研究会に行ったり、信仰心の強すぎる母親と自動車運転講習を受けたり、地域のお年寄りの手伝いをして過ごす。引退した女優イヴィー(ジュリー・アンドリュース)手伝いの仕事を得たベン。彼女の出現は彼の人生に大変動を引き起こすこととなる。

「ハリー・ポッター」シリーズのロン役「ルパート・グリント」とロンの母親役の「ジュリー・アンドリュース」が共演しています。

5)サンシャイン 歌声が響く街

公開年(日本)2014年
原題Sunshine on leith
上映時間100分
ジャンルミュージカル
あらすじ
結婚25周年を迎えたロブ、ジーン夫婦。アフガニスタンでの兵役を終えた息子のデイヴィーと、娘リズの恋人 アリーが帰国した。祝福モードに包まれる中、ロブに24歳の娘がいたことが分かる。(新婚の時にロブが浮気した時に出来た子供だった。ロブ自身、彼が父親だったことを知らなかった。相手の女性は亡くなっていて、こっそり葬式に出席していた。)アリーからプロポーズされたリズは夢のためにプロポーズを断る。バラバラになった家族は元に戻ることができるのか?

映画「1918」主演 「ジョージ・マッケイ」と「キーパー ある兵士の奇跡」の「フレイア・メーバー」主演です。

  • 英国大ヒットミュージカルの映画化
  • 大ヒット映画「トレインスポッティング」のスタッフが製作

6)「天使の分け前」

公開年(日本)2013年
原題The Angels’ Share
上映時間101分
ジャンルドラマ

イギリスの名匠ケン・ローチが、カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したドラマ。スコットランドを舞台に、恋人や家族からも見放されていた青年が、信じられる仲間を得たことで前向きになっていく姿を、笑いや涙を交えて描く。ケンカの絶えない人生を送るロビーは、恋人レオニーや生まれてくる赤ちゃんのために人生を立て直そうとするが、なかなかまともな職に就けず、またもトラブルを起こしてしまう。服役の代わりに社会奉仕活動を命じられ、そこで3人の仲間と出会ったロビーは、奉仕活動指導者でウイスキー愛好家のハリーからスコッチウイスキーの奥深さを教わり、テイスティングの才能が開花。仲間とともに1樽100万ポンド以上する高級ウイスキーに人生の大逆転をかける。脚本はローチ作品おなじみのポール・ラバーティ。

映画.comより

「わたしはダニエル・グレイク」、「家族を想う時」のケン・ローチ監督の作品です。

この作品は、結構、賛否両論、分かれています^_^;

7)「ゴッド ヘルプ ザ ガール」

公開年(日本)2015年
原題God Help the Girl
上映時間111分
ジャンル音楽、ロマンス

スコットランドの人気バンド「ベル・アンド・セバスチャン」のフロントマンを務めるスチュアート・マードックが初監督と脚本を手がけ、2009年リリースのソロ・アルバム「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」をミュージカル映画化。スコットランド、グラスゴー。拒食症で入院している少女イブは、ひとりきりでピアノに向かって作曲する寂しい毎日を送っていた。そんなある日、病院を抜け出してライブハウスを訪れた彼女は、アコースティックギターを抱えた青年ジェームズと、その音楽仲間キャシーと知り合い、3人で一緒に音楽活動を始める。

映画.comより

人気バンド「Years&Years」のボーカル オリー・アレクサンデルも出演しています。

「ゴッドヘルプザガール」は「U-NEXT」で見られます。

8)トレインスポッティング、T2トレインスポッティング

公開年(日本)1996年、2017年(T2)
原題Trainspotting、T2Trainspotting
上映時間93分、117分(T2)
ジャンルドラマ

ドラッグ中毒のマークは仲間と共に自堕落な毎日を送っていた。「これでは、いけない」と一念発起し、ロンドンで就職したマークだったが、仲間たちが職場に押し掛けたことで、クビになってしまう。

ユアン・マクレガーの出世作です。

kiki

「トレインスポッティング」をU-NEXTで見る

2017年公開の続編(T2)では、「大金を持ち逃げし、20年ぶりにスコットランド エディンバラに戻って来たマーク」と、仲間たちの、その後を描いています。

9)ワイルド・ローズ

公開年(日本)2020年1月
原題Wild rose
上映時間102分
ジャンル音楽
あらすじ
一年の刑期を終え、出所したシングルマザーのローズ。ローズは自分より祖母のマリオン(ジュリー・ウォルターズ)に懐いている子供達との溝をなんとか埋めようとする。マリオンのツテで、資産家スザンヌ宅のクリーナーの仕事を得たローズが仕事中に歌っていると、スザンヌはローズの歌声に感動し、カントリー歌手として成功するという彼女の夢を応援する。

Netflixの「もう、終わりにしよう」や映画「ジュディ 虹の彼方に」、「ドクター・ドリトル」「misbehaviour」(日本未公開)と立て続けに映画に出演している今、注目の女優「ジェシー・バックリー」主演作です。

「ワイルド・ローズ」をU-NEXTで見る

kiki

10)ふたりの女王 メアリーとエリザベス

公開年(日本)2019年
原題Mary Queen of Scots
上映時間124分
ジャンル歴史

あらすじ

1561年、19歳のメアリー・スコット(シアーシャ・ローナン)は母国であるスコットランドへフランスから帰国する。彼女は父親 の死により、生後6カ月にして、スコットランド女王となり、幼少期に渡仏していた。プロテストントが台頭するスコットランドでは、女性の君主は好ましくないと思われていた。メアリー不在の間、国を統治していた異母兄マリ伯や、国務大臣は何度となく、陰謀や内乱を画策する。

イングランドでは28歳のエリザベス女王が国を治めていた。「未婚」、「子供なし」のエリザベスは自分の持っていないものを持っているメアリーに複雑な感情を抱いていた。

スコットランドが舞台の映画なので、スコットランド人のデビッド・テナントも出演していますよ。

「つぐない」、「ブルックリン」、「レディバード」、「ストリーリーオブマイライフ わたしの若草物語」のシアーシャ・ローナン、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが主演です。

kiki

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」をU-NEXTで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。