使ってみた【シャンプーバー】4種 レビュー 「シャンプーバー」が環境に優しい理由

ロクシタン シャンプーバー

「エコストア」、「FAITH IN NATURE」のシャンプーバーのレビューなどをお伝えします。

目次

1)シャンプーバーとは?

シャンプーバー ホールフーズ
ロンドン シャンプーバー売り場
  • シャンプーを濃縮した物
  • 水分を含まないので、合成保存料パラベン未使用
  • イギリスのコスメブランド「Lush」の前身の会社が開発した
  • 液体では、ないのでコンパクト、持ち運びが楽
  • 詰め替え不要なのでプラスチック減量できる

1-2 シャンプーバーが向いているのは、こんな方

  • サステナブルな(持続可能な)暮らしが好きな方 (プラスチックゴミ削減ができるため)
  • オーガニックが好きな方
  • 荷物を増やしたくない、ノマド、ミニマリストの方

2)一番、環境に優しいシャンプーはシャンプーバー

2-1 プラスチックゴミが減らせる

液体のシャンプーだと、詰め替え用を使ってもプラスチックゴミが出ます。

「プラスチックは、リサイクルするから、いいじゃん」と思うかもしれないんですが、プラスチックは100%リサイクルされているわけでは、ありません。

日本の、プラスチックのリサイクル率は84%です。

一見すると、「高い」と思われるかもしれません。

しかし、この84%のうち、「56%」はごみ焼却炉でプラスチックを燃やし、発生した熱をエネルギーとして使用している「サーマルリサイクル」です。

海外では、プラスチックを燃やして、発生した熱をエネルギーとして使用することは「リサイクル」とは言いません。

私たちが、普通、考える「リサイクル」は、プラスチックは回収され、新たな物に生まれ変わるというものでは、ないでしょうか。

そういった、新しいものに生まれ変わるリサイクルは「マテリアルリサイクル」と呼ばれ、23%です。しかし、このプラスチックの15%は中国に輸入されていました。

日本で「マテリアルリサイクル」されていたプラスチックは、わずか8%だったのです。

容器や包装にプラスチックを使っていない製品を選ぶようにしましょう。

・なるべく、「プラスチック」を使わないようにする、容器や包装にプラスチックを使っていない製品を選ぶ

・「企業が消費者の志向に合わせた製品を増やす」

        

という流れが生まれます。

どのシャンプーバーも、プラスチックゴミ削減のために、そのまま紙の箱に入っています。

シャンプーバー 箱

2-2 シャンプーバーはリキッドのシャンプーより、生産にエネルギーを使わない

大半の人が体や髪を洗う時、液体のシャンプーや、ソープを使っています。

固形のせっけん(シャンプーバー含む)の方が生産時にエネルギーを使いません。

リキッドソープ生産時のエネルギー

  • 中身生産時 固形せっけんの5倍
  • パッケージ生産時 固形せっけんの20倍ちかく

「環境に優しい」、「サステナブル」な生活をするなら、シャンプーはシャンプーバーが一番です。

3)シャンプーバー デメリット

シャンプーバーのデメリットは、シャンプーバー、人によっては、髪が慣れるまで日数が少しかかる物があるということだと思います。

私は、シャンプーバーを使った時、髪が「じっとり」というか、ちょっと重い感じになりました。

今は、あまり出かけられないので、試すのに、ちょうどいい時期だと思います。

3)「シャンプーバー」使い方

「シャンプーバー」は使いづらいというイメージの方がいらっしゃるかもしれませんが、そんなことは、ありませんでした。

  1. 手に持ったシャンプーバーにに水を垂らして、手のひらで、こすって泡立てます。
  2. 泡を頭皮に付けて洗います。
  3. 洗い流します。

きしみもありません。

髪を乾かす時にトリートメントオイルを付けています。

4)使ってみたシャンプーバー

シャンプーバーを使ってみました。

4-1「エコストア」

「エコストア」は、環境に優しい洗濯洗剤が有名ですね。

「エコストア」のシャンプーバーが発売されたので、購入してみました。

私は髪がペッタリしやすい、頭皮が脂っぽくなりやすいタイプなので、「ボリュームアップ」タイプを選びました。

「ボリュームアップ」タイプは「コスメキッチン」限定販売です。

4-2「ロクシタン」

私はイギリスに住んでる友達に、最近、ヨーロッパで発売された「ロクシタン」(言わずと知れた、南仏プロヴァンスコスメブランド)のシャンプーバーを送ってもらいました。

☟日本の公式HPでは、現在「売り切れ」です。

https://jp.loccitane.com/solid-shampoo

「ロクシタン」のシャンプーバー(ソリッドシャンプー)サステナブルな点

・99%、土に還る(生分解性の)原料から出来ています。

・パッケージは再生紙を使用。使用後は、再度、リサイクル可能。

・シリコン、サルフェートフリー

プラスチック削減の観点から、「シャンプーバー」は、プラスチックのパッケージには、入っていません。

紙の箱に、そのまま入っています。

「ロクシタン」シャンプーバー 使い方、きしみは、ある?

「ロクシタン」のシャンプーバーは髪質に合わせて三種類あります。

  1. オイリーからノーマルヘア用
  2. ダメージヘア用
  3. 全ての髪質用

私は頭皮がベタつきやすいタイプなので、「オイリーからノーマルヘア用」を使いました。

コンディショナーは不要でした。(シャンプー時に髪から水分を奪わないので、しなくていいと言われました。)

今の髪は、こんな感じです。

4-3 「FAITH IN NATURE」のシャンプーバー

シャンプーバー
シャンプーバー
プラスチックゴミ削減のため、箱にそのまま入っています。

「ブーツ」で販売されているので、一番入手しやすいシャンプーバーです。店舗によるのかもしれませんが、チャリティーショップの「OXfam」でも買えます。

さっぱりした洗い心地のシャンプーバーでした。(私は髪がぺったりするタイプなので合っていました。)

「FAITH IN NATURE」の液体のシャンプーが日本のロフトで販売されているのを見ました。「シャンプーバー」も、近々、上陸するのでは?と思います。

4-4「nuddy」

このシャンプーバーは、香りが強いです。通常、「ロクシタン」と「FAITH IN NATURE」のシャンプーバーは香りは、あまり強くありません。

「シャンプーバーでも、液体のシャンプーバーを使った時のように’香り’を感じたい」方に合っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。