【ロンドン】再開発「セントパンクラス国際」駅 歴史

「ロンドン」で検索すると出てくる画像の一つが「セントパンクラスインターナショナル」があります。

今では、ユーロスターの終着駅として賑わっている、この駅ですが、信じられないことに、長年、放置されていました。

夏の「セントパンクラス」

目次

1)「St.Pancras station International」セントパンクラス インターナショナル駅はユーロスターの終着駅

「セントパンクラス」駅は1866年から68年に、かけて「ミッドランド レイルウェイ」の、ロンドンの終着駅として建設されました。

この駅の構内にある「The Midland Grand Hotel」(現セントパンクラス ルネッサンス ホテル)は1873年に完成しました。

このゴシック調の傑作建築は、鉄道駅直結のホテルの中で一番の煌びやかさでした。

戦後、「ブリティッシュレイルウェイ」の事務所として使われていた、このホテルは1960年代に「取り壊し」の危機にさらされますが、「John Betjeman」の詩に感化された、保護を訴える人々によって守られました。

放置されていた期間の中の様子はイギリスのスーパースターグループ「スパイス・ガールズ」の代表曲「Wanaa be」のミュージックビデオで見られます。

※若い方で、「スパイス・ガールズ」を知らないと思っている方も、この曲は聴いたことがあると思います。

90年代のキングスクロス周辺は、ナイトクラブや、アーティストのハブとして知られていましたが、同時に犯罪が多く、キングスクロス駅前には売春婦がたくさんいたり、近づきたくないエリアとして有名でした。

2001年に「ユーロスター」の、「セントパンクラス」駅までの延線工事が始まりました。(それまでは’ウォータールー駅’が終着駅だった)

これが「キングスクロス」周辺に光が差す、きっかけになりました。

2007年、「ユーロスター」の終着駅「セントパンクラス インターナショナル」駅が開業しました。

その後、2004年に「ホテル」の再開発計画が認められ、やっと改装、修繕工事が始まります。

2011年に(結構、最近な気も…)再オープンを果たしました。

セントパンクラス ルネッサンス ホテル」のラウンジに行ってみた

私は、このホテルのバーに行ってみました。内装はシック、豪華で、「荘厳」という単語を使えるくらいの雰囲気でした。

飲み物はカクテル1杯 £20(約3,000円)くらいでした。

3)キングスクロスの再開発 関連の映画「こわれゆく世界の中で」

「キングスクロス」の再開発プロジェクトを担当する建築家役をジュード・ロウが演じている映画があります。

「こわれゆく世界の中で」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。