【ロンドン】再開発 ロンドン芸術大学「セントラル・セント・マーチンズ」

グラナリースクエア

映画「ハリー・ポッター」で知られる「キングスクロス」駅の近くに映画「ダメな私の最後のモテ期」のロケにも使われた、「グラナリー・スクエア」という広場があります。

「グラナリー・スクエア」の奥には「ロンドン芸術大学 セントラル・セント・マーチンズ」の校舎が入っている「The Granary building」もあります。

こちらは、ロンドン観光で、是非、行かれた方がいいスポットです。

1)「The Granary building」(「セントラル・セント・マーチンズ」の校舎が入っている建物)概要

完成1852年
以前の建物の種別穀物倉庫
現在・「Central Saint Martins」の校舎
・ レストラン

「Granary」は「穀物倉庫」という意味です。

「Granany」は2011年から世界的に有名な「Central Saint Martins」(ロンドン芸術大学を構成する学校の一つ)の校舎として使われています。

「セントラル・セント・マーチンズ」は有名なデザイナーを多数輩出しており、卒業生にはアレクサンダー・マクイーン、ジョン・ガリアーノ、ステラ・マッカートニーなどがいます。

セントラル・セントマーチンの学生も歩いています。皆、おしゃれです。

2)「Granary building」歴史

この建物は、 Lincolnshire(リンカンシャー)産の小麦粉を貯蔵庫として1852年に完成し、「穀物倉庫」、「電車の組み立て小屋」、「発着荷物取扱所」で構成されていました。

ここからロンドン中のベーカリーに「小麦粉」が運ばれました。

積み荷の減少により、使われなくなり、放棄されていましたが、「キングスクロス」の再開発の一端として、改装され、2011年「セント・マーチンズ」の校舎が移ってきて、息を吹き返しました。

建物の西側にはレストランも入っています。

「Granary」の前にはGranary squareという広場があり、ベンチに座って休むことが出来ます。噴水もあるので、子供たちを遊ばせることも出来ます。

夏には、ここにカフェが出来ます。

リージェンツ運河も近く、運河沿いには、人口芝が敷かれていて、そこで休んでいる人もいます。

「グラナリースクエア」の隣には元石炭置き場のショッピングモール「コールドロップヤード」があります。

こちらの記事もどうぞ。

【ロンドン】再開発 元石炭置き場、おしゃれな買い物スポット「Coal drops yard」

「世界ふれあい街歩き」で紹介された街「イズリントン」(エンジェル)からも近いので、歩いて来られます。

「イズリントン」については、こちらの記事をどうぞ。

ロンドン 住みやすいエリア 「イズリントン」(エンジェル駅) リージェンツ運河 街歩き

2016年公開の映画「Bridget Jones’s baby」(「ブリジットジョーンズ ダメな私の最後のモテ期」)で、ブリジットが友達と、この広場のカフェで、くつろいでるシーンがあります。

kiki

3)「セントラル・セントマーチン」出身の日本人 

3-1 「水谷桃子」さん

セントラル・セント・マーチンズ出身の日本人「水谷桃子」さんのお店「Momosan shop」が東ロンドン ハックニーにあります。

https://momosanshop.com/

3-2 Shokoさん

【中古】 女の子のためのロンドン・ガイド /旅行・レジャー・スポーツ 【中古】afb

価格:200円
(2022/5/16 14:30時点)
感想(0件)

こちらの本の著者「Shoko」さんも、セントラル・セント・マーチン出身だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。