「不毛な恋愛」に疲れたら。「終わらせ方」おすすめの本、映画、場所

「不毛な恋愛」で悩んでる方が多いようです。

どうやって「不毛な恋愛」を終わらせるのか?

1.別れを告げて、連絡先を消して連絡を絶つ(ブロックする)

2.(できたら)相手に偶然、会わない所に引っ越す

おすすめの本と映画をご紹介します。

目次

1)「不毛な恋愛」とは?

「不毛な恋愛」とは、「実らない」「成就しない」恋愛です。

好きになってもらえる見込みがない、相手にパートナーがいる など。

人は、自分の時間、労力を費やせば、費やすほど、その物から離れがたくなります。

「不毛な恋愛」を長くすれば、長くするほど、そから抜けるのが難しくなります。

1-1 「不毛な恋愛」私の経験

不毛な恋愛をしていた私ですが、「冷たくされる」ことに、ついにバカらしくなりサヨナラして、連絡手段を絶ち(ブロックして)、偶然、会ったりしない、会いに行けない場所に引っ越しました。

(男性の中には、一度、自分に言い寄って来た女性や付き合っていた女性は、ずっと自分に気があると思っている人がいるようです。そして、「あわよくば」と思っている人もいるので、連絡してこられないようにするのがベストです。)

「そこまで、しなくても…」

と思うかもしれないんですが、今はFacabookやInstagramなどで、相手の近況を簡単に知ることができてしまう時代です。

接点を持たないようにしていくことが大事です。

接点を持たないようにしていくと、「FacebookやInstagramで、相手の近況を見てみよう」という気は起きなくなってきます。

「もう、私を大事にしない人とは一緒にいない」と決めました。

2)「不毛な恋愛」断ち切りたい時に、おすすめの本

2-1 自分を客観視できる「人生はドンマイドンマイ」 美輪明宏

この本は雑誌「家の光」の美輪明宏さんの「人生相談」連載をまとめたものです。

美輪明宏さんの相談への返答は、「ズバッ」と言うことが結構あります。

自分と似たような相談をしている人が多いので、自分を客観視することが出来ます。

この本でも第三章に「不誠実で、ひどい彼だけど、どうしても好きです。」という相談があります。

そういう恋愛をしている人は「そういう自分」に酔っているところがあって、カラオケで歌う曲とか好きな曲が「どうして私じゃダメなの?」とか「ずっと好きなのに~」みたいな曲が多いです。

(「あなたなんて大嫌い!さようなら」みたいな歌があればいいのに…と思います。笑)

自分を客観視することで、「自分を大事にしない男に時間使ってる暇ないわー」と思えてきます。他にも、いろんな相談が載っていて面白い本です。

人生はドンマイドンマイ [ 美輪明宏 ]

価格:1,650円
(2021/6/26 21:01時点)
感想(4件)

「私は、それでも幸せなの」と思うかもしれませんが、自分が本当は、どう扱われたいか考えてみると、断ち切ろうという気持ちが強くなると思います。

「結婚していれば、幸せ」というわけでは、ありませんが、「自分は本当に、こんな風に扱われる」人間なんでしょうか?

2ー2 「ドラママチ」角田光代

この本は、女性が主人公の小説の短編集です。

短編の一つ「ヤルキマチ」は不倫相手の「離婚する」という言葉を信じて待ち続け、35歳になり、何事にもやる気が出なくなってしまった女性が主人公です。

ドラママチ (文春文庫) [ 角田光代 ]

価格:649円
(2021/6/26 21:02時点)
感想(8件)

3)不毛な恋愛 終わらせたい時に、おすすめの映画

3-1 「ホリデイ」

冷たくされる関係を断ち切りたい人に、おすすめの映画が「ホリデイ」です。「ケイト・ウィンスレット」演じるアイリスは、元恋人に思わせぶりな態度をとられ、(その男性は新しい恋人と婚約中)、いい様に利用されています。失意の中、「住居」を交換するユニークなシステムでハリウッドに住むアマンダ(キャメロン・ディアス)と「住居」を交換し、クリスマスホリデイを過ごすアイリス。元ハリウッドの脚本家のアーサーと偶然、出会います。「物語にはヒロインと、ヒロインの友達役がいる。君は明らかにヒロインなのに、どうして友達役を演じているんだい?」というアーサーの言葉で、アイリスは目が覚めます。

「ホリデイ」は、音楽もストーリーもすばらしい、元気が出る、おすすめの映画です。


ホリデイ (字幕版)
「ホリデイ」はU-nextで見られます。

kiki

4)縁切り神社に行く

京都の安井金比羅宮は「縁切り神社」として有名です。

私の元同僚は、離婚したいのに、離婚に応じてくれない夫に悩んでいた時、この神社に行ったら、夫が離婚を了承してくれたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。