コリン・ファース出演映画「ザ・シークレット・ガーデン」The secret garden(2020年)あらすじと感想

コリン・ファース主演

子供の頃、NHKのアニメ版を楽しく見て、原作の本も読んだ名作「秘密の花園」が映画化されました。(2020年版は1993年公開の映画のリメイクです。)

↓「アニメのDVD」はプレミアが付いているんですね…。子供の頃、見てワクワクしていました。

【中古】ひみつの花園 DVD-BOX

価格:54,788円
(2021/4/23 10:50時点)
感想(0件)

「ザ・シークレット・ガーデン」2020年版、コリン・ファースが出演しているので、見てみました。

1.「ザ・シークレット・ガーデン」概要

公開年2020年(イギリス)
2021年 (日本)※予定です。
製作国イギリス
撮影地イギリス ヨークシャー
上映時間1時間39分

2.「ザ・シークレット・ガーデン」キャスト

メアリー イギリスの植民地だったインドで両親と暮らしていたが、両親が伝染病で亡くなってしまったので、イギリスの、叔父に引き取られることになった。好奇心が強く、物怖じしない性格。気難しそうな印象を持たれるが、友達想いで優しい。

☆クレイヴン卿(コリン・ファース) 最愛の妻(メアリーの母親の双子の妹)を亡くした悲しみから人が変わってしまった。いつも研究で忙しい。

☆ディコン 屋敷の使用人。メアリーと友達になり、共に「秘密の花園」を整備し、「花園」で時間を過ごすようになる。

☆ミセス・メドロック(ジュリー・ウォルターズ)屋敷の使用人。使用人の中で一番上の存在。メアリーに厳しく当たる。

☆コリン  クレイヴン卿の息子。「背中が曲がっているので、一生歩けない」と自分で言い張っていて、暗い自室のベッドの上で一日を過ごしている。

イギリス映画おなじみのジュリー・ウォルターズも出演しています。

「リトル・ダンサー」の主人公エリオットのバレエの先生、「ハリー・ポッター」シリーズ ロンのお母さん、「ワイルド・ローズ」の主役のお母さん……など。

3.「ザ・シークレット・ガーデン」あらすじと感想

☆あらすじ

1947年、当時、イギリスの植民地だったインドで、両親と暮らしていたメアリーは、両親を伝染病コレラで一気に亡くす。インド、バングラデシュ分離の混乱の最中、自分を引き取ることを許諾してくれた叔父の屋敷に行くため、引き揚げ船へ乗る。叔父の屋敷は暗く、不気味で、夜になると、何者かの泣き声が聞こえるのだった。好奇心が強いメアリーは屋敷の敷地内を散策している時に、「秘密の花園」を見つけた。その庭は「不思議な力を持つ」庭だった。暗く閉ざされた屋敷、叔父をメアリーの行動力が変えていく。

kiki

感想
最初は、映像が思っていたより暗くて、「こういう感じなのか?」と思っていましたが、庭を見つけた辺りから明るくなりました。幼いメアリーの「友達(コリン。いとこでもある)を助けたい、状況を良くしたい」という気持ち、行動力に驚かされました。美しい庭の映像と、感動的な物語を楽しめる作品です。

↓10月公開の映画「ビルド・ア・ガール」の記事も、よろしければ、どうぞ。

2021年10月公開 イギリスが舞台の映画「ビルド・ア・ガール」あらすじ、感想

↓12月公開予定の「ボブという名の猫2 幸せのギフト」の記事も、よろしければ、どうぞ。

2021年公開「ボブという名の猫2幸せのギフト」 あらすじ・感想・ロケ地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。