イギリス文化「グリーティングカード」カード作成、発送アプリ「Moonpig」使ってみた

カード作成アプリ moonpig

イギリスでは「誕生日」、「クリスマス、「バレンタイン」など、さまざまな場面でカード」を贈る文化があります。

バレンタイン カード
バレンタインのカード

自宅の庭を往復することにより、国民健康保険「NHS」への寄付を集めた元軍人の「キャプテン・トム」に、たくさんの人が「バースデイカード」を送ったり、イギリス人にとって「カード」は身近なものです。

花屋 カード
花屋さん。カードと一緒に花束を渡せるようにカードを店頭で販売しています。(すべての花屋さんで、カードが売られているわけでは、ありません。)

「グリーティングカード」専門店まであり、さまざまなデザインがあるので、以前、イギリスから帰った時は「グリーティングカード」をたくさん買って帰りました。

「マークス&スペンサー」のカード売り場

しかし、今、その専門店は「ロックダウン」で閉まっています。

(2021年1月に書いた記事です。今はロックダウン緩和されています。)

外出や面会も制限されているので、お世話になった人に最後に会って別れを言うことも出来ません。

スーパーマーケットでも「グリーティングカード」は売っているものの、「なんだか少し物足りないなあ」と思っていました。

そんな時、オリジナルのカードを作成でき、相手に送ってもらえるアプリ「Moonpig」を見つけました。花束やギフトカード、オリジナルマグなどのプレゼントを一緒に送ることも出来ます。

「Moonpig」で自分の写真を入れた「グリーティングカード」を作ってみました。

目次

1)「Moonpig」の使い方 「カード」を作ってみた

☆「Moonpig」は、ここらダウンロードできます。

https://www.moonpig.com/uk/download-moonpig-app/?pid=Web&c=web%20migration&af_channel=cta%20strip

使い方は簡単でした!

「Filter」のところを押して、どんなデザインにしたいか絞っていくことが出来ます。

  • Recipient 「受け取る人」は、どんな人か?「妻」、「夫」、「友達」…
  • 年齢
  • デザイン
  • Ocation 「送るのは、どんな場面で?」「バレンタイン」、「誕生日」…
  • Photo 「写真は何枚入れる?」

カードの中のメッセージも印刷してくれますが、私は届いてから自分で手書きしたかったので何も入力しませんでした。

kiki

デザインが決まったら、カードの種類を選びます。

この価格が定額では、なくて、写真が入っているデザインかなどにより、20ペニーくらい値段が違うものがありました。

「送り先」は「自分」または「送り主」に設定できます。

私は届いてから手書きでメッセージを書きたいので、「自分」宛てにしました。

「ロイヤルメール」のファーストクラスで発送されるそうです。

注文から二日後に届く予定とのこと。

支払いは「デビットカード」、「クレジットカード」、「ペイパル」から出来ました。

2)「Moonpig」は、オリジナルマグ他、花やチョコレートも一緒に送れる

「Moonpig」では花束やチョコレート、ビスケット、バルーンなどをカードと一緒に送ることが出来ます。

↑支払い画面の前で、「こちらも一緒にどうですか?」という風に出てきました。

自分が撮った写真を使ったオリジナルのマグも作れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。