名物エッグタルト「ロンドン」大人気のポルトガルベーカリー「リスボア・パティセリー」

かつてケイト・モスも通ったという、有名なポルトガル菓子店「Lisboa pattisserie」(リスボア・パティセリー)があると聞き、行ってみました。

12月4日公開の映画「ノッティングヒルの洋菓子店」のロケ地の近くです。

「ゴルボーン・ロード」(Gollborne road)は、庶民的なお店とおしゃれなお店が入り混じっている通りです。

目次

1)「Gollborne road」(ゴルボーン・ロード)は、どこ?どうやって行く?

「ゴルボーンロード」は「ノッティングヒルの恋人」のロケ地「ポートベローマーケット」の北側にあります。

「ポートベローマーケット」に行かれた後に徒歩かレンタサイルクル「Santander Cycle」で向かうことも出来ます。

「ノッティングヒルの恋人」ロケ地 青いドア、本屋の場所

最寄り駅は「Circle line」、「Hammersmith line」の「Ladbroke Grove」駅です。

☆駅から「リスボア・パティセリー」までのルート

「Ladbroke Grove」駅の入り口を出て、左に進みます。300mくらい、上り坂になっている道を進むと左手にパステルピンクの建物(ホテル)が見えてきます。

そこで右に曲がると、「ゴルボーン・ロード」に着きます。

2)ケイト・モスも通った「Lisboa Patisserie」(リスボア・パティセリー)

「ノッティングヒルの洋菓子店」で登場人物4人が経営している洋菓子店「Love Sarah」のロケ地から30mくらい進んだ所に、このお店は、あります。

店内に入ってみると、中から濃い黄色のカスタードクリームが溢れ出している「揚げパン」、ポルトガル定番のお菓子、「エッグタルト」がずらっとショーケースに並んでいて迷ってしまいました。

このお店はロンドンでは珍しく、£3以上、購入しないと、カード払いできません。(ロンドンで現金を使う場面は少ないです。)

「£3(約400円)分、何買おう」と悩んでいると、怒られました。笑 

「ちょっと!!何を迷ってるの!!たった£3よ。早く決めてgo!よ。」と笑 

こう言われると、更に決められなくなり…

「そんなに決められないなら二軒隣で現金おろせるから、おろしてきなさいよ!」と言われたので、一旦、出て考えました。

おいしくてサイズが大きいパンが格安で(£1約137円)買える、人気店なので回転を速くしたいんだと思います。

結局、濃厚カスタードクリームたっぷりの揚げパン2個とエッグタルト1個を買い、持ち帰り。

帰宅して、箱を開けてみるとビックリしました!

ドーナツが

お皿から、はみ出しそうなくらい大きい!

持ち上げてみると、重い!

生地まで黄色くて、卵をふんだんに使っているのかなと思いました。

重そうに見えましたが、ペロっと食べられました。

とっても、おすすめです!ヨーロッパのお菓子は日本人には甘すぎることが多いんですが、これは甘すぎません。

kiki

エッグタルト」を食べてみました。

実は、私は「エッグタルト」があまり好きじゃありませんでした。(珍しいですよね)

しかし、この「エッグトルト」は周りのパイはサクッとしていて、中のカスタードがすごく濃厚で、おいしく食べられました!!

☆ 近くにあるフィッシュ&チップス店「Geoges portbello fish bar」

人気のフィッシュアンドチップス店です。

超有名シェフ「ジェイミー・オリバー」が、このお店の「フィッシュアンドチップス」のファンだそうです。

こちらも現金支払いのみだそうです。

フィッシュアンドチップスが食べられるほど、お腹が空いていなかったので、今度行った時、買ってみます。

☆まとめ

「リスボア・パティスリー」のパン、お菓子は、とってもおいしいです!「ノッティングヒル」に来られた時に、足を伸ばしてみては?

kiki

・Lisboa Patisserie

・住所:57 Golborne Road, London W10 5NR

・営業時間 月〜土 7:00 – 19:30   日 7:00 – 19:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。