「キャビンゼロ」44ℓ、36ℓどっちがいい? 女性にも持ちやすい。

キャビンゼロ

「キャビンゼロ」をご存じですか?

「キャビンゼロ」はイギリスのバックパックのブランドです。

私も、44ℓのバックパックを購入しました。

「他にないコロンとしたデザイン」、「機内持ち込みギリギリのサイズで大容量」で、とても気に入っています。

イギリスで結構、持っている人を見かけます。

kiki

↑スニーカー、靴下、リュックの色を合わせていますね。

↑国旗のワッペンを付けると、かわいいです。

目次

1)「キャビンゼロ」おすすめの理由

1ー1 「機内持ち込みサイズギリギリ」のサイズ

「キャビンゼロ」の44ℓは機内持ち込みギリギリの大きさです。

機内持ち込みサイズは、この大きさです。

キャビンバッグ サイズ

なるべく、たくさん物を持って行きたいけど、’’機内持ち込みサイズ’’よりバックパックが大きかったら、どうしよう」という心配は、無用です。

欧州内で、たくさん運航しているバジェットエアライン(LCC)の「ライアンエア」は機内持ち込み荷物のサイズを測ることがあり、搭乗口で止められ、追加料金を払ったという話をネットで見ました。

せっかく、安く航空券を買えたのに、追加料金を払うのは嫌ですよね。

(今はコロナウイルスの影響で旅行できませんが)

海外に住んでいて、日本に一時帰国して滞在国に帰って来る時も、なるべく日本の物をたくさん持ってきたいと思います。

そんな時、機内持ち込みサイズ、ギリギリの、このリュックが役に立ちます。

kiki

キャビンゼロ
156センチ、47キロの体型の私が44ℓのリュックを背負うと、こんな感じです。

ドイツに住んでいる時、このキャビンゼロのリュックを旅行時に利用しました。容量が大きいので、おみやげも、たっぷり入れることができました。

☆「キャビンゼロ」44ℓ、どのくらいの荷物が入るのか?

  1. ジーンズ
  2. 厚手のニットワンピース
  3. 洗面用具
  4. ペーパーブック2冊
  5. 下着類を入れたポーチ
  6. ヨークシャーティー1箱

まだまだ余裕があります。

内側にポケットが二つ付いています。

1-2「Okoban」機能で「ロストバゲージ」しても戻ってくる確率が高い

キャビンゼロはロストバゲージに遭っても、バックパックが戻って来やすい「okoban」機能付きです。

「Okoban」とは2200以上の空港を含む世界最大の遺失物事務所のネットワークとリンクした、ロストバゲージを防止するシステムです。

バッグに付与されているシリアルナンバーに、ウェブで自分の情報を登録しておくと、ロストバゲージに遭った場合、発見者がナンバーをもとにバゲージを拾ったことを知らせてくれる可能性があります。

1-3「デザイン」が可愛い

大容量のバックパックは、あまり可愛い物を見たことがありませんでした。

キャビンゼロはデザインが可愛いし、カラーバリエーションも豊富です。

私は「赤」のリュックを選びましたが、意外と、いろんな服に合いました。

キャビンゼロ バックパック CABINZERO クラシックスタイル 44L メンズ レディース ブラック 黒 ネイビー レッド カーキ CLASICSTYLE 44L リュックサック バッグ カバン スポーツ アウトドア ブランド ロゴ カモ柄 オレンジ カモフラージュ|bg-kmn sale|

価格:6,280円
(2022/2/4 04:42時点)
感想(8件)

キャビン ゼロ リュック CZ061 CABIN ZERO 2WAY バックパック CLASSIC 44L スタンダードデザイン 機内持ち込み可能 ag-883200

価格:6,280円
(2022/2/4 04:43時点)
感想(16件)

一回り小さい、36ℓサイズもあります。

2)「キャビンゼロ」 女性が持つなら36ℓと44ℓ、どっちがいい?

36ℓと44ℓ、どちらがいいか? 

私はヨーロッパに行く時も、帰ってくる時も荷物をたくさん持って行きたい派なので、断然44ℓがいいです。スーツケースも二個持って行ったりします💦

ヨーロッパ内の旅行も44ℓのリュックを使っていました。

これから海外に住む方で、1泊2日の旅行をたくさんする予定で、旅先で、おみやげをあまり買わない方は36ℓでもいいと思います。

Omio:ヨーロッパ、北米の鉄道・バス・航空券の予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。