イギリス2番手のドラッグストア「スーパードラッグ」

スーパードラッグ」は、「Boots」に次いで二番目に店舗がたくさんあるドラッグストアです。

「Boots」より、女性をメインの顧客にしているようなので化粧品の品ぞろえも豊富です。

目次

1)「スーパードラッグ」は、こんなお店

Super drug☆
・1964年創業

・2002年に香港のドラッグストアチェーン「Watson」の子会社になった

・イギリスとアイルランドに約900店舗

・「B」というヴィーガンコスメの自社ブランドを持っている

・2020年12月、日本の結晶品メーカーDHC商品取り扱いを始めた

「スーパードラッグ」は「ブーツ」より、やや安いという意見もありますが、私は、あまり感じません。

もちろん「ブーツ」と同じように「3for2」(このセクションから3つ買ったら一番安い物が無料)という割引サービスも、「Buy1 get 2nd 1/2」(このセクションから2つ買ったら一つ半額)も、やっています。

内装が「ギャル」っぽくて女性をメインターゲットにしているなと思います。

スーパードラッグ ガルニエ
キャビキャビしている感じがします。

2)「スーパードラッグ」で、お得に買えたコスメ

スーパードラッグでコスメを買ってみました。「£12(約1,680円)以上、〇〇の商品購入でマスカラプレゼント」という特売をしていたので。

各ブランドで、もらえる物はマスカラだったり、ネイルだったり、口紅だったり、条件の購入価格もいろいろです。

☆購入したもの

1.「レブロン」「カラーステイ ブロウ シェイプ&グロウ」£8.99(約1,258円)

2.「レブロン」「カラーステイ ブロウ ティント」£7.99(約1,118円)

もらえた物は、こちら「スキンライツ フェイスグロウ イルミネーター」です。

リキッドのハイライトです。

イギリスのコスメブランド「リンメル」のコーナーです。

リンメル」の、プレゼント商品は「ボリュームマスカラ」でした。

私はボリュームタイプのマスカラが好きじゃないので避けました。

「リンメル」は日本にも進出しているけど、日本の商品とイギリスの商品は、だいぶ違うと思います。日本の「リンメル」は、少し可愛い路線な気がします。

「ロレアル」もマスカラがプレゼント商品でした。

スーパードラッグ マスカラ

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
海外どころか、東京も遠い北東北の農家育ち。ロンドン出身のALTの先生が個人的に、お土産をくれたけど、ロンドンは「もう一つの世界にあるような所」(行けない所)だと思ってました。ド田舎の高校生でしたが、幸運にも、出身県で世界から人が来るイベントが開催されることになり、通訳ボランティアに応募。簡単な英語だけど通訳できました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ生活一年目はイギリスに10回渡航。その後、長期でイギリスに何度も滞在。イギリス滞在期間は通算、二年くらいです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。音楽、映画、ストリートファッションが好きです。