スキンケア ヨーロッパ 洗顔しない?化粧水は?

ヨーロッパのスキンケアの方法は日本と違っています。

いろいろな物を試してみるのは楽しいです。

私は、ドイツでは

「クレンジングウォーター」

「トナー」(保湿性が無い物がほとんとですが、しっとり系の物をなるべく選んでいました)

「乳液」(こちらでいう’ローション’)

kik

というスキンケアをしていた乾燥肌の者です。

↓オーガニックのスキンケアについては、こちらをどうぞ。

目次

1)ヨーロッパ スキンケア 日本との違い

1-1 クレンジングは、ふき取りが主

日本では、クレンジングはオイル、ミルク、ふき取り…と多種ありますが、こちらではクレンジングウォーターで、ふき取りしている人がほとんどのようです。

スーパードラッグ ガルニエ

この、クレンジングウォーターで、メイク落とし、洗顔、保湿 3つの行程を担っています。(日本人的には、保湿力は物足りないです)

クレンジングオイルは見たことがありません。

1-2 泡立つ洗顔料は、少ない

日本では、クレンジングの後は洗顔料で汚れをさっぱり取る というのが定番ですが、こちらでは泡立つ洗顔料は、ありません。

「Wash」とパッケージに記載されていても、「洗顔クリーム」、「洗顔ジェル」で泡立たちません。

「洗顔クリーム」を買って試してみましたが、日本の洗顔料のように、洗顔後のさっぱり感は、ありません。

以下のことが理由として考えられます。

  • 水道水が「硬水」の所が多いので、肌に良くないため、「洗顔料」を洗い流す時に、顔に「硬水」をつけるのを避けたい

近年、韓国コスメの進出により、洗顔フォームを買えるようになりました。

ドイツやイギリスに住んでいて、長い間、泡立つ洗顔フォームを使用しての洗顔は、していませんでした。

友達が韓国コスメの洗顔フォームを使っていたので、借りて、洗顔してみたら、やっぱりスッキリしました。

1-3 化粧水? 保湿するなら、美容液「Serum」で

日本では化粧水で保湿するのが普通ですが(その後、美容液で更に保湿する人も)ヨーロッパでは保湿は美容液(Serum)で、するそうです。

ドイツのApotheke(薬局)で化粧品担当の店員さんに

肌を保湿するための物は、ありますか?

と聞いたら、「保湿はserum(美容液)で、するのよ」と言われました。

そのため、保湿化粧水を見つけるのは少し困難です。

「トナー」とパッケージに書いている物があります。

「トナー」は肌を整えるためのものなので、使用しても保湿されている感じは、ほとんどありません。

知り合いの日本人が一時帰国する時に、頼んで、「雪肌精」など、ずっと日本で使っていた化粧水を買ってきてもらっている人もいました。

2)イギリス スキンケア 変化

私は3年前もイギリスに住んでいました。

イギリスのドラッグストアで、3年前と大幅に変わったことがあります。

2-1 シートマスクが買える

日本では、普通に安価で買える「シートマスク」ですが、3年前に住んでいた時は、ドラッグストアにほとんどありませんでした。たくさん置いてあるのは「マスク」は「クレイ状の流せるマスク」で、「ガルニエ」のシートマスクが2種類あるだけでした。

boots マスク

しかし、今は「simple」(イギリスの敏感肌用スキンケアブランド)、「ニベア」、更には「ブーツ」のプライベートブランドの「シートマスク」が販売されています。

boots マスク

「ガルニエ」のシートマスクは種類が増えました。

シートマスク

「シートマスク」を選ぶことができます。

ブーツの「シートマスク」は1枚 £1.5(約210円)です。(シートマスク1枚の値段としては日本の価格からすると高いですが、ヨーロッパで、この価格は安いです)

「Simple」と「ブーツのプライベートブランド」のシートマスクは韓国製でした。

「シートマスク」=「韓国」というイメージが強いです。

ヨーロッパ人のスキンケア概念が変わってきているのかもしれません。

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
海外どころか、東京も遠い北東北の農家育ち。ロンドン出身のALTの先生が個人的に、お土産をくれたけど、ロンドンは「もう一つの世界にあるような所」(行けない所)だと思ってました。ド田舎の高校生でしたが、幸運にも、出身県で世界から人が来るイベントが開催されることになり、通訳ボランティアに応募。簡単な英語だけど通訳できました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ生活一年目はイギリスに10回渡航。その後、長期でイギリスに何度も滞在。イギリス滞在期間は通算、二年くらいです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。音楽、映画、ストリートファッションが好きです。