【食べ比べ】イギリス、ドイツで買えるインスタントラーメン、即席麺 6種

ヨーロッパのスーパーマーケットでもインスタントの袋麺を買うことができます。

有名な辛ラーメンも買えます。

ロンドン ラーメン テスコ
「テスコ」の店内

目次

1)イギリス、ドイツで買えるインスタントラーメン

ドイツのドイツ系のスーパーマーケット「Rewe」には、韓国の「NongShim」社の「vegan」ラーメンが必ずと言っていいほど置いてあるし、イギリスのスーパーマーケット「Tesco」では、同じく「Nongshim」社の「辛ラーメン」と「出前一丁」(日本製では、ない)が置いてあります。

ドイツに来てすぐは、ドイツのアジアンマーケットで日本から輸入されたノンフライのインスタントラーメンを食べていたのですが、5袋入りで8€(約1,000円)も、するので、もっと安く買える韓国メーカーのインスタントラーメンをよく食べるようになりました。

イギリス(ドイツでも)で買えるインスタントラーメンの食べ比べをしているうちに、とっても美味しいラーメンを見つけました!

2)おいしいインスタントラーメン ベスト3

アジアンスーパーマーケットで買えるインスタントラーメン、代表的な物6つです。

この中からベスト3選びました。

3位 「Nongshim」社 「NEOGURI」 Seafood&Mild

昆布付きです。

シーフード&マイルド」という味がいまいち、想像できないまま、食べてみました。麺は、他の韓国ラーメンと同じく、ふわふわモチモチした太麺です。

スープは、そのままだと辛かったので、半分だけ粉末スープを入れると、ちょうどいいです。(私は辛い食べ物好きだけど、あまり食べられない)

2位 「Nongshim」社 「Kimuchi」ラーメン

この「Kimuchi」ラーメンはアジアンスーパーマーケットは、もちろん、「Tesco」の一部の店舗や「Asda」で買えます。

「Kimuchi」ラーメンは「辛ラーメン」と何が違うのかな?と思って購入してみたら、スープに「辛ラーメン」にはない酸っぱさがありました。

こちらも、私には少し辛いので、粉末スープは半分だけに減らして、醤油を大さじ1入れて食べています。酸味、辛み、しょっぱさが合わさって美味しいです。麺は、ふわふわモチモチの太麺です。

フラットメイトは「スープを全部入れても辛くない」と言っていました。

1位 「Nongshim」社 「Potato noodle soup」

ポテトラーメン

この「Potato noodle soup」は、騙されたと思って、一度食べてみてください。めちゃ美味しいです

麺が他の韓国ラーメンと違い、少し細くてツルツルしています。アジアンスーパーには、結構な確率で置いてあります。

おいしくて、あっと言う間に食べてしまいます。

☆ベスト3以下のラーメン

「Nongshim」社 Veganラーメン

私はVeganでは、ありませんが、以前、Veganの人が食べていて、気になったので食べてみたら、おいしかったです。

麺は、ふわふわモチモチの太麺です。やっぱりスープは少し辛いので、全部入れないようにしています。

☆「日清」出前一丁

日本で、「出前一丁」を食べたのが10年以上前なので、味を忘れてしまいましたが、日本の出前一丁とは違う味です。

アジアンスーパーに行くと、10種類くらいのフレーバーが並んでいます。

☆「Nongshim」社 「辛ラーメン」に生クリームを入れて明太スパにしてみた

私は「辛ラーメン」は辛くて食べられません。

生クリームを入れて明太スパになるという情報を得たので、試してみました。

スープは4分の3だけ入れてみました。

少し硬さを残して茹でた麺を生クリームに粉末スープを入れたもので炒めます。

色はピンクっぽいので明太スパっぽいです。

水分がなくなったので皿に盛りつけました。

味は…

私には「辛い!!!

スープを4分の3しか入れなかったのに、辛くてキツかったです。辛さに弱い人はスープ半分でいいです。

明太スパになったかというと、私は「違うかな」と思います。

ただ、あまりにも辛いので「辛い、辛い」と言い、「辛い」以外、考えられなくなるので嫌なことを忘れると思います。
まとめ
イギリス、ドイツでも、意外と、いろんな種類のインスタントラーメンが買えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。