イギリスの書店「Foyles」(フォイルズ)ロンドントートバッグ(エコバッグ)だけじゃない!

フォイルズ

イギリスの書店チェーンといえば、「Foyles」、「Waterstones」が有名です。

Foyles」と「Waterstones」は「ライバル関係!私は〇〇派!」と思っていたら2018年9月に「Waterstones」が「Foyles」を買収していました。

「Amazon」などのオンラインサービスに対抗するためだそうです。

Foyles」について調べてみると、面白いエピソードがたくさんあり、今まで「like」だった「Foyles」への気持ちは「love」に変わりました。

ロンドンのトッテナムコードにある「Foyles」のフラッグショップは、「トートバッグ購入」以外にも楽しめるポイントがたくさんあります。

「Foyles」など、イギリスで買えるエコバッグ(トート)については、こちらの記事をどうぞ。

目次

1)「Foyles」(フォイルズ)って、どんな書店チェーン?

Foyles」は、面白いエピソードの宝庫でした。

創業者兄弟が公務員試験に失敗し、大量に所持していた教科書を売却しようとしたことがきっかけで1903年に創業しました。

イギリスで一番古く、一番知られている書店チェーンです。「Foyles」を買収した「Waterstones」は、イギリスの、割と小さい街にもあります。「Foyles」は、大きい街にあることが多いです。

1945年に親族のクリスティーナが経営を引き継ぎます。

彼女の店舗運営方法がとても変わっていることで有名でした。

Foyles」と言えば、イギリスのドラマ「Foyle’s war」(邦題:刑事フォイルズ)が思い浮かびます。このドラマの脚本家が主人公の名前を考えていた時、この「クリスティーナ・フォイルズ」のことを思い出し、主人公は男性なので「クリストファー」にしました。

そして、跡を継いだのが彼女の甥「クリストファー」です。偶然にも、この主人公と同じ名前で、それにより、第4シーズン第2話に出演しました。

1-1 二代目経営者の、とても変わった店舗運営

クリスティーナ経営時代
・書籍購入まで3回レジに並ぶ必要あり(注文、支払い、受け取り。全て、店舗の違う場所で)

・書籍はアルファベット順では、なく出版社順で並べられていた

・電話注文は受けない

・しばしば、従業員を一年で解雇

こんな営業方法ですから、利益を上げることは難しかったです。

54年にも及ぶ彼女の「Foyles」の経営は、彼女の死により1999年、幕を閉じます。

1-2 親族外から迎い入れたCEOの経営改革

跡を継いだのは彼女の甥「クリストファー」です。すぐさま、運営方法を近代化することに着手します。

しかし、損失を出し続けたままの状況が2007年まで続きます。そこで、CEO(最高経営責任者)として親族以外の人物「サム・ヒュサイン」を会社に迎い入れました。

ヒュサイン氏は、数々の企業の経営を立て直した経験がありました。

経営の様子を見たヒュサイン氏は、容赦ない決断をしました。

本棚を占領している、売れない、古い本を処分することです。

なんと、総額 £1m (約1憶4千万円)分です…

1-3 2014年 新店舗へ移動

「売れる」、「人気がある」新しい書籍を取りそろえるために、同じ通りにある新店舗にフラッグショップを移動しました。

その他、マネージャー達のやる気を上げるために彼らにいくつかの権限を与えました。

それぞれの売り場を「自分の書店」のように整え、自分が本棚に並べたかった書籍を並べさせたのです。

経営チームの協力もあり、「Foyles」は利益を出せるようになりました。

2)「Foyles」フォイルズ ロンドンのフラッグショップ

Foyles」フラッグショップはオリジナルのトートバッグを購入する以外にも行く価値がある場所です。

最寄り駅は「Central line」の「Tottenham Court Road」駅です。

営業時間
・月曜日から土曜日 午前9時から午後8時

・日曜日 午前11時30分から午後8時

入り口入ってすぐ、レジの周りにトートバッグがあります。トートバッグは、この他4種類あります。左側の黒いトートバッグは今年の「クリスマスシーズン」限定の物です。

私は右の「トートバッグ」を持っていますが、マチが広くて中にポケットも付いているので使いやすいです。

groud floor(イギリス式1階)には、こんな本が…

「Why the Germans do it better?」

The shortest history of England」は読みやすかったです。

「ペンケーズ」、「タンブラー」、「ジグソーパズル」「手帳」などの雑貨も取り扱っているので、お土産を選ぶのにもいい場所です。

「Foyles」にはカフェもあります。

プラスチックのカップや入れ物などを全く使っていないカフェで、「ヴィーガン」や「グルテンフリー」のケーキもおいしいです。

【ロンドン】老舗書店「foyles」のカフェで【グルテンフリー】のケーキを食べてみた

3)ロンドンの書店「Foyles」(フォイルズ)が出てくる映画

3-1 「ガーンジー島の読書会の秘密」

映画「ガーンジー島の読書会の秘密」にも「Foyles」が出てきました。戦後直後の話なので、現在のフォイルズの店舗では、ありません。

「ガーンジー島の読書会の秘密」より

3-2「ベロニカとの記憶」

こちらは、現代の話で、現在の「フォイルズ」の様子が分かります。

kiki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。