イギリスでは「SUQQU」が安い?ロンドン「ハロッズ」店で買ってみた。

イギリスで「SUQQU」(スック)という日本の化粧品ブランドの商品が日本より安く買えるという情報を得たので、早速買いに行ってみました。

目次

1)「SUQQU」は、どんなブランド?

「SUQQU」は…

  • 2003年に発表された日本の化粧品ブランド
  • ブランド名の由来は「すっくとまっすぐに立つ立ち姿」
  • ターゲット層は30代、40代の女性(*)
  • ブランド独自の手法「顔筋マッサージ」が有名。「顔筋マッサージ」専用のクリームも人気。

*「SUQQU」(スック)ターゲット 年齢層

「スック」のターゲット層は30代、40代と言われていましたが、近年は20代向け雑誌の「mina」や「ar」にも、よく登場しています。

幅広い年齢層に指示されているブランドです。

 2)「Harrods」(ハロッズ)の「SUQQU」で買い物してみた

「SUQQU」の2020年冬のホリデイコレクションは「セルフブリッジ」、「ハロッズ」、「リバティー」で買えます。

前回のハロッズ初訪問によりハロッズに魅了されてしまった私は、ハロッズへと向かいました。

「SUQQU」に着きました。

今、チークが無くて、顔色が悪く見えるので、まずチークを見ました。

私は、「色白(資生堂のファンデーションだとベージュオークル10)のイエローベースの春」です。

一番左のチーク(01蕾咲)を買うことにしましたが、アイシャドウも欲しくなってきました。

やっぱり日本で買うより安いです。このチークは日本だと税込み6,050円です。イギリスでは£34(約4,692円)です。

「チークだけ買います」と店員さんに伝えると、今、お得なサービスをしていて、もう一品買うと、モイスチャライザーか口紅をプレゼントします」と言われました。

「何円の物でもいい」と言われたので、もう一品買うことに。

日本の美容雑誌のコスメランキングで、上位にランキングしていたのを思い出し、ビューラーを買おうか迷いましたが、もう一品は単色アイシャドウ£24(約3,312円)にしました。

ビューラーは£19(約2,620円)で、日本の価格 税込み2,200円より高いです。

なんと、おまけでもらえる口紅は「エクストラグロウ リップスティック」の10番(映華Haebana)か12番(オレンジ系)から選ぶことが出来ました。

店頭で見た時、深い赤に見えたので、10番を選びました。

チーク、アイシャドウ、口紅で「£58(約8,000円)」でした。

☆購入した物

1.「ピュア カラーブラッシュ」 01 蕾咲 TSUBOMIZAKI

イエローベースに似合いそうな色です。

「05  TSUYUATSUKI」、「08桃橙(MOMODAIDAI)」の方が似合うかもしれませんが、見たら元気が出る、この色が一番好きです。

2.「トーン タッチアイズ」 05 柔紬 YAWATSUMUGI

3.「エクストラグロウ リップスティック」 01 HAEBANA

帰宅して商品を見てから色を見てみたら「赤系」じゃなくて「ピンク系」でした。イエローベースの私には「12番」のオレンジ系の方が似合ったかもしれないと思いました。

シアーな口紅です。

「SUQQU」のイギリスのホームページに「エクストラグロウ リップスティック」は載っていないので、古いシリーズなのかもしれません。

3)日本で「Suqqu」を安く買う方法

日本で「Suqqu」を安く買うには、イギリスの百貨店「セルフブリッジ」から個人輸入するのが一番だと思います。

まとめ
情報どおり、イギリスの方が「SUQQU」を安く買えます。しかも、口紅かモイスチャー プレゼントのキャンペーン中に行けてラッキーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。