海外在住の日本人女性に黒髪ワンレンロングが多い理由

一時期、海外在住の日本人女性を揶揄して「ポカホンタス」という現象が起きました。

確かに、「ポカホンタス」のように「黒髪ワンレンロング」の人が多いです。

それには、いくつか理由があったのです。

目次

1)海外在住女性、黒髪ロングが多い理由

1-1 日本人の美容師が近くにいなくて美容院に行けない

「海外に住んでいるんだから地元の美容院に行けばいいじゃない?」と思うかもしれませんが、ヨーロッパ人と日本人では髪質やセンスが違います。

ヨーロッパ人の美容師は「スキばさみ」を使わない人が多いです。

ヴィダルサスーンが作り出した「サスーンカット」も、スキばさみを極力、使わない手法です。

以前、ホームステイ先で、ホストマザー(美容師)に髪を切ってもらったことがあります。

失敗では、ありませんでしたが、見せた写真とは違い、「姫カット」ぽくなったので、やっぱりアジア人とヨーロッパ人ではカットする勝手が違うんだなと思いました。

中華系の美容院でも「ちびまる子ちゃん」みたいにされたことがある人もいるので、日本人の美容師に切ってもらうのが一番です。(日本人以外の美容師でも日本人の髪を上手く切られる美容師もいると思いますが、探すのが大変です)

近くに日本人の美容師がいない場合、一時帰国した時に美容院に行っている人も、たくさんいます。

そのため、どうしても長い髪の人が多くなります。

女性は分かると思うんですが、髪が長い方が美容院に行く頻度は少なくて済みます。

自分で切ったんじゃないんです。

ヘアースタイルは「顔の額縁」とも言われるくらい、印象を作用するものなので、美容師さんは慎重に選ばなきゃ…です。

ワンレン(前髪が無いスタイル)の人が多いのも、前髪が伸びても美容院に行けなくて、そのまま伸ばしてワンレンになったんだと思います。

「自分で髪を切ってます!」という方も何人か会ったことがあります。私は、一回、自分で切って失敗したので、もう、しないようにしています。

器用な方は、セルフカットでも大丈夫なんですね。

カラーを一度、すると、根元が伸びてくるのを気にしなければいけないので、カラーもしない人が多いです。

1-2 海外の美容院(日系)美容院は高いので、頻繁に行けない

ドイツのローカルの美容院は、そんなに高くなかったです。

シャンプー、カット、ブローで34€(約4,280円)でした。日系美容院は、もう少し高くて50€(約6,300円)くらいでした。

ロンドンの日系美容院はシャンプー、カット、ブローで£47(約6,580円)くらいです。

一時帰国や、何かあった時のために貯金しなければいけないので、やっぱり頻繁には行けません。

1-3 髪が短いと、幼く見える

ヨーロッパで「ボブ」のような髪型だと、(人によると思うけど)ヨーロッパの女性と並んだ時に、自分がすごく子供っぽく感じてしまうからもあるかもしれません。

ワンレン(前髪なし)のボブなら、そこまで幼く見えないかもしれませんが、やはり「金髪ロング」の人に合うと、「自分てセクシーじゃないな…」と思うことがあります。

単純に黒髪ロングの方が「男性ウケがいい」から、そうしている人もいます。

「物心ついてから、彼氏が途切れたことがない」という日本人女性も、男性ウケがいいから黒髪のロングにしていると言っていました。彼女の場合は、住んでいる場所は関係ないですね…

彼女曰く、たいていの人は髪が長い方が良く見えるそうです。

確かに、男性に「ロングとショート、どっちが好きか?」聞くと、たいてい、「ロング」と答えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。