【ロンドン】映画、ドラマ ロケ多数使用「Regency cafe」(リージェンシーカフェ)

regency cafe

大人気!のイングリッシュブレックファストのカフェ「Regency cafe」に行ってみました。

このお店は1946年創業、2013年には「Yelp」(ローカルビジネスのレビューサイト)の「ロンドンの飲食店」トップ5にランクインしました。

以前、Poshな(高くて、おしゃれ)イングリッシュブレックファストのお店(イングリッシュブレックファストが£20 約2,800円)行ったことは、ありましたが、「Regency cafe」は「builder」(建設作業員)が行くような、£10(約1,390円)以下で、お腹いっぱいになるお店です。

「builderが行くような」と言っても、一人でも入れる、例えるなら、老舗の定食屋さんみたいなお店でした。

内観がレトロなので設定が何十年か前の映画やドラマのロケにも、よく使われています。

1)「Regency cafe」(リージェンシーカフェ)交通アクセス、営業時間

「Regency cafe」の最寄り駅はVictoria lineの「Pimlico」またはDistrict line「St.James park」です。

どちらの駅からも真っすぐなので行きやすいです。

映画でも、よく見る「MI5」や美術館「テート ブリトゥン」の近くです。

「Regency cafe」営業時間
・月曜日~金曜日 朝7時から午後2時30分

・土曜日 朝7時から午後12時

・日曜日 定休日

2)「Regency Cafe」(リージェンシーカフェ)ロケ地情報

「Regency Cafe」は、よく映画やドラマの撮影に使われています。

映画

・「Layer cake」(邦題 「レイヤー・ケーキ」

・「Brighton rock」(邦題 「ブライトン・ロック」)

・「Pride」(邦題 「パレードへようこそ!」)

・「Rocketman」(邦題「ロケットマン」

・「The last letter from your lover」(邦題 「愛する人から最後の手紙」)

映画「パレードへようこそ!」で、ウェールズの炭鉱の方と食事をしているシーンで、こういう雰囲気のカフェが出てきました。「Regency cafe」だったんですね。

kiki

「パレードへようこそ」は「U-NEXT」で見られます!
パレードへようこそ(字幕版)
ドラマ

・「Judge John Dead」

・「Rescue me」

・「London spy」

3)「Regency Cafe」(リージェンシーカフェ)のイングリッシュブレックファスト

お店に着きました!

カウンターで「イングリッシュブレックファスト」を注文しました。

ここで、「あっ!他の方のブログに”現金しか使えない”と書いてたんだった。カードしか無い!マズい!」と思ったんですが、カードで払えました。

£6.75(約931円)でした。

ハキハキした、おじさんに

  • 「トマトかビーンズか?」
  • 「紅茶かコーヒーか?」
  • 「焼かずに、そのままのパンかトーストか?」
  • 「コーヒーにミルクは入れるか?」

聞かれました。

「チップス(フライドポテト)」や「ハッシュドポテト」を追加で付けることも出来ます。

おじさんがレジの横にある、いい感じに古くからありそうな機械から熱々のコーヒーを淹れてくれました。外は寒かったので、体が温まりました。

他の物が調理されるまで席で待ちます。

3分くらいして、「ベイクドビーンズ、ソーセージ、目玉焼き、ハム」が出来上がり、「Breakfast.Beans!!」のように呼ばれ、取りに行きます。

「ケッチャップ、ブラウンソースかけるか?」と聞かれ、「ケッチャップを少し」かけてもらいました。

トーストは席まで持って来てくれるとのこと。

たぶん、イギリス人だったら、ベイクドビーンズをトーストに乗せて食べたりするんでしょうが、私は、その食べ方は好きじゃないので、バターだけ付けて食べました。

おじさんとお客さんのやり取りを見ていると、常連の人が多いようです。

男性たちはチップスを追加して食べている人が多かったです。

食べ終わったら、食器は、席に置いて帰って大丈夫です。

Q.一人で入って浮かないか?

他にも一人で入っている人がいたし、大丈夫です。

庶民的なお店でイギリスを体験してみたい方に、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。