「バラマーケット」(Borough Market)ロンドンブリッジ ロンドンの街並み

ロンドンの東側、テムズ川の南側にある「バラマーケット」(Borough Market)は、おいしい食べ物の宝庫です。産地直送の新鮮な食材やオーガニック・フード、可愛いフォトジェニックなお店もたくさんあります。

バラマーケット 肉

また、「バラマーケット」の周辺も雰囲気が良い場所がたくさんあります。バラマーケット周辺の観光地と一緒に、ご紹介します。

1)バラマーケット 交通アクセスと営業時間

バラマーケットはロンドンの東南エリアにあります。

地下鉄ジュビリーラインノーザンライン「London bridge」駅の「Borough high street」出口を出て、徒歩2分です。

晴れていれば、テムズ川の北側から「London bridge」を渡って歩いてくるのも気持ちいいです。

バラマーケット営業時間

月曜日から木曜日 午前10時から午後5時(月曜日は閉まっている店がある)

金曜日   午前10時から午後6時

土曜日   午前8時から午後5時

日曜日   休業

私は、以前、日曜にバラマーケットに行ってしまい、お店がお休みで、すごく寂しかったです。ご注意ください。

2)バラマーケット おすすめのお店

2-1 大人気生パスタのお店「Padella」

バラマーケット パスタ

このお店は「London bridge」駅を出たら、すぐ視界に入ってきます。店の前に行列ができていることが多い、大人気の生パスタ屋さんです。パスタシェフがパスタを打っているのが窓から見られます。

パスタはリーズナブルで、なんと£6.5(約890円)~です。タルトなどの手作りデザートも好評です。

2-2 ドーナツがおいしい「Bread Ahead」

バラマーケット ドーナッツ

「Padella」の右側にある道を真っすぐ進むと左手に「Bread Ahead」というベーカリーが見えてきます。手前のコーナーでは甘いパン、奥のカウンターではサンドイッチなどの食事系パンが売られています。

こちらの一番人気の商品はクロワッサン ドーナツ£3(約420円)です!

ドーナツのフィリングは「プラリネ」、「ラズベリー」、「バニラカスタード」、「チョコレート」「キャラメル」がありました。

バラマーケット ドーナツ

私は「バニラカスタード」のドーナツを購入しました。

バラマーケット ドーナツ

このバニラカスタードは、なめらかだけど、なめらか過ぎず、ほどよい重さで、すごくおいしかったです。

ドーナツもふわふわでした。違うフィンリングも食べてみたいです。

このお店を通り過ぎて、進むと、こんな可愛いハンギングフラワーも見られます。

バラマーケット 教会

ハンギングフラワーを通り過ぎて、真っすぐ進むと分かれ道に当たります。その分かれ道を左に進むと「Southwark bridge」に着きます。

この花の手前に右手に曲がる小道があり、そこを進んでいくと、「lovely」な雰囲気の場所に着きます。

2-3 今は八代目が経営。1700年代から続く「Richard Haward’s Oysters」

このお店を経営している「ハワード」さん家族は1700年代から家業を続けています。イギリスのEssexのMersea islandに牡蠣の養殖場を持っていて、いつでも新鮮な牡蠣を提供しています。

https://richardhawardsoysters.shop/

以前は店内に、新鮮な牡蠣にレモンやタバスコをかけて食べられるスペースがありましたが、現在は持ち帰りのみの営業です。

2-4「Free from」グルテン、シュガーフリーのスイーツショップ

グルテンフリー  バラ

「Free from」は家庭で長年、グルテン、砂糖フリーのスイーツなど、さまざまな食べ物を自分たちで作り、家庭で食べていたヨークシャーの家族が始めたお店です。

バラマーケット

2-5 健康志向の、おしゃれなカフェ「STONEY STREET」

https://www.26grains.com/

このカフェは「Neal’s Yard」にある「Porridge」のお店「26Grains」の姉妹店のカフェです。「Porridge」はオートミールに牛乳を注いで温めて食べる「おかゆ」のような食べ物です。

通常は家庭で朝食として食べますが、「26Grains」は家庭では出来ないようなユニークな味付け(カルダモンなど)で提供しています。

「26Grains」は、お店が狭く、いつも混雑していますが、こちらの姉妹店は、ゆっくり食べられます。

私は、こもお店で朝食を食べました。ライ麦パンのセットを頼んだけど、ライ麦パンが切れてしまったそうで、「ソーダブレッド」に変更されています。サービス料込みで£15(約2,000円)でした。

おまけ「ブリジット・ジョーンズ」で「ブリジット」のFlatとして使われたパブ

「London Bridge」の駅を出て、「Padella」右隣にある「Leon」というファストフード屋さんとガラスの建物の間の道を10mくらい進むと、「ブリジット・ジョーンズ」シリーズで「ブリジット」のFlatとして撮影に使われたパブがあります。

ブリジットジョーンズ ロケ地

こんなに分かりやすい場所だったのか とビックリしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。