海外で、かゆみがある湿疹が出た。 イギリスでの経験

海外で、未経験の症状が出ると不安ですよね。

私は3年前、イギリスにいる時、顔以外の全身に「吹き出物」「湿疹」が出来ました。

ひど過ぎて「このまま、跡が残って一生スカートが履けなかったら申し訳ない」とホストファミリーに心配されたほどです。自分でも、「もうスカート履けないかもしれない」と思ったほど酷かったです。

今までと違う環境の場所で生活すると、アレルギーを発症することがあるようです。

この記事はイギリスで「湿疹」「吹き出物」が出た時に使った、おすすめの「E45」をご紹介と、イギリスの病院に行った話です。

目次

・イギリスの病院に行くまで。症状と行動の過程

1)吹き出物と湿疹の原因を考えた

1-1 イギリスの硬水が合わないのでは?「自分が住んでいる場所の水道は硬水か調べる方法」

硬水が合わなかくて肌荒れした日本人の情報をネットで見つけたので、自分が住んでいる「Cardiff」(カーディフ)の水道水が硬水か調べてみました。

このサイトで郵便番号を入力するだけで自分が住んでいる地域の水道水が硬水か調べられます。https://www.aquacure.co.uk/knowledge-base/uk-hard-water-map

私が住んでいた「Cardiff」は「軟水」エリアでした。

ロンドンは「硬水」のエリアです。

1-2 ベッドバグ

「ベッドバグ」とは「トコジラミ」のことです。ホストマザーは「超」が付くキレイ好きだったので、それも考えづらいと思いました。

1-3 アレルギー

アレルギーは食物アレルギー、ペットアレルギー…いろいろあります。

私は、それまでアレルギーを発症したことは、ありませんでした。ホストファミリーは猫を飼っていたので、それが原因かもしれないと思いました。

2)「薬局」で薬剤師に相談した

まだ「吹き出物」が出始めの頃に「Boots」の薬剤師に相談しました。

「ホリデイで、どこかに行って日焼けしなかった?」など聞かれました。

「アレルギー」用の飲み薬を勧められたので購入し、服用し始めました。それでも改善が見られなかったので「E45」の「Itchy relief」(かゆみを和らげるクリーム)を購入しました。

アレルギーの薬
飲んでいたアレルギーの薬
「アレルギー」の薬はスーパーやドラッグストアで気軽に買えます。

3)症状が悪化し、病院に行くことに。保険会社に連絡した。

ついに、顔以外の全身に吹き出物が出て、痒くてたまらないので病院に行くことにしました。ホストファミリーに「かかないで」と言われても、かゆくて我慢できず、肌をかいていました。

足のすねに新しく吹き出物が出来て、かいてしまった時、ホストファミリーの飼い猫が私のそばに、やって来ました。すると、数分後には、見たことがない大きさ(直径2.5㎝くらい)の水ぶくれになっていました。「ペットアレルギー」の疑いが強くなりました。

イギリスに6カ月以上、合法的に滞在する人は「GP」という地域の、かかりつけ医に登録できますが、私の滞在期間は「3カ月」だったので登録できませんでした。

海外旅行保険に入っていたので、保険会社が私の保険で診てくれる病院を予約してくれました。

イギリスの私立の病院は診察料が高いです。診察料は保険で全てカバーされました。

4)病院で診察を受ける

私立の病院(普通の英系の病院です)で医師に症状と住環境を説明し、患部を見せると、「ペットアレルギー」の可能性が高いと言われました。

今、飲んでいる「アレルギー」の薬を飲み続けて、「E45」をぬっていれば、直に治るとのことでした。

5)徐々に良くなる

本当に少しずつですが、よくなってきましたが、まだまだひどい状態でした。

ホストファミリーがマットレスを新調してくれ、イギリスの有名な皮膚用のクリーム「sudocrem」をくれました。

このクリームはオロナイン軟膏から油分を抜いて更に重くしたような質感です。重いクリームが好きじゃない私は、これは使わずに「E45」を使いました。すみません。

「E45」はベタベタしていなくてサラっとしていて浸透がいいので、「E45」を使いたかったんです。

どこのドラッグストアにもあるので、効果があるクリームなんだと思います。

病院に行ってから2カ月経ち、帰国する時も、まだ吹き出物がある状態でした。帰国してから、いつのまにか治り、今は跡もありません。

「E45」は、どこで買える?

「E45」はイギリスのドラッグストアで必ず、見つかります。スーパーに少し置いていることもあります。

  • 「Lotion」(乳液みたいな質感です)
  • 「Cream」
  • 「Itchy relief」(かゆみを緩和するクリーム)
  • 「EcZema repair cream」(湿疹を直すクリーム)

など、たくさん種類があります。

スキンケアにも使えて、私は「Lotion」を顔に塗ってから、「かっさ」でマッサージしていました。

現在も、痒い箇所があるので「Itchy relief」を愛用しています。

☆「吹き出物」=rash

☆「水ぶくれ」=blister


E45 350g Cream

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。