【行ってみた】【ノッティングヒルの恋人】ロケ地 青いドア、本屋etc

映画「ノッティングヒルの恋人」で、日本でも有名になった「ノッティングヒル」。

映画「Paddington」でも「ポートベローマーケット」の「Alice’s 」とがロケ地に使われています。

幅広い年代の方が楽しめる「ノッティングヒル」。

「ノッティングヒルの恋人」のロケ地をめぐってみました。

目次

1)「ノッティングヒルの恋人」あらすじ」

私は「ノッティングヒルの恋人」を見ると、元気が出るので、もう20回以上見ました。(o^―^o)笑

ウイリアム・タッカー(ヒュー・グラント)はロンドンのノッティングヒルで旅行専門の書店を経営しているが、売り上げは芳しくない。

風変わりなフラットメイトと暮らす、平凡な毎日を送っていた彼の人生に、突如、世界的大女優のアナ・スコットが入ってきた。経営している書店に来店したことから、かけ離れた世界の二人のラブストーリーが始まる。(世界的大スターとの恋愛は一筋縄では、いかない)

kiki

途中、アナの彼氏がアメリカから、やって来たり、ラブコメディらしい事件が起きます。

タッカーの友達が優しくて、本当に泣けるんですよね。

めちゃ感動する「記者会見」のシーンは100回以上見ました。(youtubeに、このシーンだけの動画があります。)

エルヴィス・コステロが歌う、主題歌の「She」も良すぎます。

2)ノッティングヒルの場所

ノッティングヒルは、ロンドンの中心地から少し西側、「Hyde park」の北西端から西に少しの

「Notting Hill Gate」駅で下車して、行くのが一番分かりやすいです。

「Notting Hill Gate」駅は「Central line」、「District line」「Circle line」が走っています。

「Central line」は、ロンドンを東西に長く走っています。

東京でいう「中央線」だという風に、私は覚えました。

「Notting Hill Gate」駅から北上すると、「ポートベローマーケット」に出ます。

「Notting Hill Gate」駅から、ヒュー・グラント演じるウィリアム・タッカーが住んでいたフラット(アパート)の撮影地までのルートです。

「ノッティングヒル」は、カリブ系の移民の街で、「カーニバル」が毎年、行われていました。(コロナウイルスで中止になっています。)

3)「ノッティングヒルの恋人 ロケ地」

3-1 「The travel book shop」タッカーが経営している本屋

ウィリアム・タッカー(ヒュー・グラント)が経営している「旅行書」専門の書店

現在は土産物店になっています。

行ってみると、「なんだかイメージと違うな」と思ったんですが、もう、映画公開から20年以上経っていますから変わっていて当然です。

住所:142 Portobello Road,Notting Hill,London W11

3-2 「ウィリアム・タッカーがコーヒーとオレンジジュースを買った店」

「The travel book shop」から、「Notting Hill gate」駅を背に真っすぐ進むこと、約3分。

右手に「CAFE Portbello」が見えてきます。

ウィリアム・タッカーがコーヒーとオレンジジュースを買ったカフェの跡地に現在は、このカフェが建っています。

この後、ウィリアムは、角でアナ・スコット(ジュリア・ロバーツ)に、ぶつかり、Tシャツにオレンジジュースをこぼしてしまいます。

住所:303 Westbourne Park Road

3-3 「タッカーが住んでいた、青いドアのフラット」

先ほどの「Cafe Portbello」から視線を左に移すと、緑の看板が目立つ「スターバックス」が見えます。

その角を左折して、5秒。

ヒュー・グラント演じるウィリアム・タッカーがフラットメイトのスパイクと住んでいたフラットの撮影地があります。

「Posh nails」というネイルサロンの左側なので、分かりやすいです。

ノッティングヒル タッカーの家

映画の中では青色だった、柱が白く塗装されています。

住所:280 Westbourne Park Road,Notting Hill

3-4 タッカーが映画を見ていた映画館

この映画館は「ノッティングヒル・ゲイト」駅の、すぐ近くです。

☟「ノッティングヒル」周辺についての、他の記事もどうぞ。

「ノッティングヒルの洋菓子店」「ロンドン」 ロケ地に行ってみた あらすじと感想も

名物エッグタルト「ロンドン」大人気のポルトガルベーカリー「リスボア・パティセリー」

「ロンドン」セレブが住むエリア(ポール・スミスさんも在住)「ウエストボーン・グローブ」

何十回見ても、気持ちがほっこりする映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサlillyingermany
山奥の米農家長女。27歳で初めてパスポートを作って台湾へ。ヨーロッパは、「別の世界」だと思っていました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ一年目は、イギリスに10回渡航。 趣味は「イギリスが舞台の映画、ドラマを見る」、「知らない街散策」、「読書」etc。イギリスが好き過ぎて、「イギリスが舞台の映画」をたくさん見ているので、「この映画の、この場面で、△△が出てくる」など詳しくなりました。ブログで紹介している映画、ドラマは99%、自分が見たものです。 サステナブルな暮らし開始。(少しずつ)。通信制大学で社会学を勉強し始めました。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。「なんでもやってみてから納得するタイプ」です。