イギリス旅行「ケンブリッジ」「ケム川でパンティング(舟下り)」

イースターホリデー(4月)に、ケンブリッジに行きました。

古い建物がたくさんあり、学生の街なので、ほどよく活気があり、とても気に入りました。

この記事は、「パンティング」。舟下りについて書いています。

目次

1)「ケンブリッジ」 ロンドンからのアクセス

私はリヴァプールストリート駅から電車に乗りました。
ケンブリッジはロンドンから北へ車で1時間半。
ロンドンから日帰り旅行も可能です。
ロンドンから電車 キングスクロス駅から約1時間
リヴァプールストリート駅から約1時間
長距離バスで約2時間15分
ロンドン スタンステッド空港から電車で約35分
長距離バスで約50分

2)絶対した方がいい‼「ケム川でパンティング」

ケンブリッジに行ったら、絶対してみたかった「パンティング」。

「Cambridge」の地名の由来は「ケム川に架かる橋」です。

その「ケム川」を「パント船」に乗り、普通は見ることができないケンブリッジ大学の内側を眺めながら、川下りするのがパンティングです。

パンティングは2種類の楽しみ方があります。

  • 船頭さんが船を漕いで、建物などについて説明してくれる(chauffenred guide tour)
  • グループで船を借りて自分たちで船を漕ぐ (Self hire boat )

私は一人で行ったので、「船頭さんが船を漕いでくれる」ツアーでパンティングしました。

・一人で旅行に行って「パンティング」できる?

一人で旅行に行って「パンティング」する時、他のグループと相乗りするだけで、何も困りません。

・所要時間、チケットの価格

出発地の船着き場から執着地まで行き、戻ってきて、所要時間は45分です。

ツアーを主催している会社が何社かありますが、私は宿泊先でチケットを買いました。

料金は18£(当時 約2,500円)でした。

宿泊先で渡された引換券を、船着き場の窓口に持って行くと、

「今からだと、〇〇時15分が直近の空いている時間帯よ。」

と言われました。

あと一時間半くらいありましたが、その時間にしました。窓口の対岸が公園になっていて、そこで涼みながら時間を待ちました。

途中、ボートが空いてそうなので、「乗りたいです」と船頭に伝えたら、チケットに書かれた時間を見て「決められた時間に来て」と断られました。

私と同じように、指定時間より早く船着き場に行き、断られている男性がいたので、指定時間に近くならないと乗船できないようです。

いよいよ、時間になり、乗船。私はインド人家族5人とボートをシェアしました。船頭さんが要所要所で建物やケンブリッジについて説明してくれ、とても楽しかったです!

数字の橋

こちらは木製の、1749年に設計、建設された橋です。その後、二回再建されました。現在の橋は1905年に建設されました。「数字の橋」とは不思議な名前ですね。

アーチ状の、この橋ですが、実際は直線の木材で成り立っています。

木材は壊れやすい材料です。壊れずに、この、洗練されたデザインを保つために、計算されて設計されました。

そのため、「数学の橋」という名前になりました。

ため息橋

「ため息橋」は、ヴェネチアの「ため息橋」にちなんで名付けられました。

外見は、全く似ていない、この橋ですが、似た背景を持っています。

ヴェネチアの橋は、宮殿から裁判所までをつないでいました。橋を渡る人達は、判決を下され、もしかしたら死刑にされるかもしれません。

ため息をつきながら渡ったことでしょう。

ケンブリッジの、ため息橋は、寮から、試験の結果を受け取りに行く場所をつないでいました。

試験結果の悪さで死刑になる学生は、いませんでしたが、それでも、彼らは、ため息をついていたことついていたことでしょう。

途中、大学の寮の芝生で読者している学生がいたり、普段、見ることができない光景が見られた、貴重な体験でした。

「ケンブリッジ」まとめ
ロンドンから気軽に行けるケンブリッジ。おすすめです。
このサイトはアフィリエイト広告を利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
海外どころか、東京も遠い北東北の農家育ち。ロンドン出身のALTの先生が個人的に、お土産をくれたけど、ロンドンは「もう一つの世界にあるような所」(行けない所)だと思ってました。ド田舎の高校生でしたが、幸運にも、出身県で世界から人が来るイベントが開催されることになり、通訳ボランティアに応募。簡単な英語だけど通訳できました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ生活一年目はイギリスに10回渡航。その後、長期でイギリスに何度も滞在。イギリス滞在期間は通算、二年くらいです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。音楽、映画、ストリートファッションが好きです。