「女性の一人旅」ホステルは危ない?国内旅行、海外旅行

私は、旅行する時、友達と一緒の時以外はホステルに泊まっています。

2021年はAir bnbを主に使って旅行しました。

2022年、2023年は、またホステルを利用しています。

(ヨーロッパの生活費の値上がりで、宿泊費も値上がりしました。長期旅行だと、ホステルを利用しないと厳しいです。)

こちらの記事もどうぞ。

大金が無くてもヨーロッパに行ける!人と交流しながら安く旅行する方法

目次

1)ホステルに泊まるようになった出来事

最初はホステルは宿泊の選択肢に入っていませんでした。

初めてイギリスに行った時、mixbで予約していた部屋に着いたら、「ダブルブッキングで部屋がない」と言われました。

たぶん、長期で住める人が見つかったので、数日しか宿泊しない私が不要になったんだと思います。

そこに住んでいる人に「ホステルが近くにあるから、そこに泊まったら?」と勧められ、ホステルに泊まりました。

泊まってみたら、他人と同じ部屋で寝るのは意外と平気でした。

2)ホステルは危ない?

ホステルは危ないのか?

私は危なくないと思います。

2-1 女性が気をつけなきゃいけないのは、お酒を飲む時

私は、女性が「危ない目に遭った話」をたくさん聞いたことがあります。←かなり、聞いてる方だと思います。

(お酒を提供する場所で働いていたからです。)

「危ない目に遭った」時の状況で、よくあるのは「自分がお酒に酔ってフラフラ」、「人が歩いていない、深夜に歩いていた」という状況で起きていました。

世の中には、とんでもないことを考えている人もいますから本当に気をつけましょう。

女性と男性では、性欲がちがっていて、女性には、到底、考えられないことをする男性もいるので、お酒を飲む時は本当に気をつけましょう。

↑「男性嫌悪だ」と思うかもしれないんですが、被害に遭ってからでは、遅いので、注意喚起しています。本当に油断大敵なんです…。

2-2 ホステルに泊まる時、南京錠は絶対使おう

日本にいたら、「物が盗られる」ことは、ほとんどないと思います。

海外では、自分の物を置き忘れたら、無くなっていて戻ってこないことが多いです。

ホステルでも自分の物が盗られないようにロッカーやスーツケースに鍵をかけましょう。

私はスペインのホステルで、腕時計を盗られました。

海外旅行で、自分の物が「盗られた」、「壊れた」、「紛失した」時に補償される、海外旅行保険付きのクレジットカードを持ちましょう。

・ホステル 女性専用の部屋を選べば、快適に過ごせます

ホステルに泊まる時、女性専用の部屋を選べば、男女ミックスの部屋より快適に過ごせます。

部屋で着替えられたり、楽です。

3)国内旅行 日本のホステル危ない?

日本でホステルに泊まって、危ないと思ったことは、ありません。

ただ、一度だけ「このホステル、変だ」と思ったことがあります。

東京のホステルに泊まった時、チェックインを済ませて、自分のベッドまで行きました。

疲れたので、休もうとしていたら、ベッドまでホステルのスタッフが来て、「〇〇さんに会いますか?(挨拶しますか?)」と言われました。

「〇〇さんて誰?」と思ったら、そのホステルのオーナーらしいです。

「なんで、疲れてるのに、オーナーに会わなきゃいけないんだ。休ませてよ。」と思いました。

ちょっと宗教、マルチ商法みたいな雰囲気でした。

「夜、宿に着いて、休もうとしているお客のベッドまで、わざわざ来て、’一階に下りて、オーナーに会いませんか?’と聞く」のは、明らかに、おかしいです…。

ホステルの下はカフェになっていて、「セミナー」が開かれていました。

後で、「グーグルレビュー」で、そのホステルのレビューを読んだら、あまり良くないことが書かれていました。

「変だ」と思ったホステルは、ここだけなので、ご安心ください。

もちろん、私のブログで紹介している宿の中に、この「変なホステル」は入っていません。

↓こちらの記事もどうぞ。

このサイトはアフィリエイト広告を利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

バルサ
海外どころか、東京も遠い北東北の農家育ち。ロンドン出身のALTの先生が個人的に、お土産をくれたけど、ロンドンは「もう一つの世界にあるような所」(行けない所)だと思ってました。ド田舎の高校生でしたが、幸運にも、出身県で世界から人が来るイベントが開催されることになり、通訳ボランティアに応募。簡単な英語だけど通訳できました。日本で英語を使う仕事した後、ワーホリ申し込み不可の年齢になってからイギリス語学留学。 その後、スイスでworkaway(自分で探して手配したから無料)とヨーロッパ旅行。その後、ドイツで一年半生活。ドイツ生活一年目はイギリスに10回渡航。その後、長期でイギリスに何度も滞在。イギリス滞在期間は通算、二年くらいです。 ブログは私が「行ってみた」「使ってみた」等、経験を基に書いています。音楽、映画、ストリートファッションが好きです。